SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LINE広告活用術(PR)

化粧品ブランドの新規顧客獲得を加速!エイチームライフスタイルから学ぶ、LINE広告活用のヒント

 新規事業として化粧品ブランド「lujo」を展開するエイチームライフスタイルでは、主に運用型広告を活用して新規顧客の獲得を進めてきた。中でも、全チャネルのうち獲得数の半分を占めているというLINE広告の活用方法、導入当初の課題や今後の展望などについて、担当者に話を聞いた。

新事業の安定を目的に多くの運用型広告をテスト

――まず、ご担当されている商材とマーケティング戦略の大まかな方針について教えてください。

岩元:エイチームライフスタイルは、事業の1つとして2020年3月から30代以上の女性をターゲットとした「lujo」という化粧品ブランドを展開しています。クリアアップファンデーションを商材の中心に据えたブランドで、販売経路はECサイトが中心です。そのため、新規顧客の獲得を目的に各種デジタル広告を出稿してきました。

lujo クリアアップ ファンデーション(ライトベージュ)
lujo クリアアップ ファンデーション(ライトベージュ)

――どのような媒体に広告を出稿していますか?

岩元:基本はLINE広告とFacebook広告、Yahoo!広告などを中心に出稿していますが、それとは別にDSPなども試しています。幅広く広告を出稿することで、商材と親和性の高い媒体を比較・検討している段階ですが、最近はLINE広告に出稿する割合が増えています。

 その理由は、LINE広告のインプレッションのインパクトにあります。LINEは月間利用者数8,600万人(2020年9月末時点)と圧倒的なユーザー数を誇るので、出稿したクリエイティブで効果の高いものを見つけられれば、事業の売上にも大きな影響があります

土本:機械学習による自動最適化配信機能があるので、一定のCVがあれば設定したCPAに合わせて安定した配信を行ってくれる点も助かっています。

(左から)エイチームライフスタイル ヘルスケア事業部 D2Cグループ マネージャー 岩元駿氏、エイチームライフスタイル ヘルスケア事業部 D2Cグループ プロモーションチーム 土本達也氏
エイチームライフスタイル ヘルスケア事業部 D2Cグループ マネージャー 岩元駿氏(写真左)
エイチームライフスタイル ヘルスケア事業部 D2Cグループ プロモーションチーム 土本達也氏(写真右)

LINE公式アカウントとの連携を視野にLINE広告を導入

――数ある運用型広告の中で、LINE広告を導入された背景や目的、どのような期待を持っていたかをお教えください。

岩元:「lujo」のビジネスモデル上、継続的にご購入いただけるお客様を獲得することが理想ですが、いかに効率よく購入につなげるかを課題として抱えていました。その足元を固めるために、まずはデジタル広告の効率化を図ろうと考えました。LINE広告は月間利用者数8,600万人(2020年9月末時点)のLINEのユーザーにリーチできるため新規ユーザーの獲得に適していると思いました。 広告運用全体のKPIは、単月で新規獲得1万件を設定しています。

 また、将来的にお客様とのコミュニケーション基盤としてLINE公式アカウントを活用していきたいという思いもありました。効率的に新規ユーザーを獲得するだけでなく、その後のコミュニケーションも含めてLINEを活用し、LTVを高めていきたい。LINEであれば、継続的なコミュニケーションが可能になるため、中長期的な視点を持って運用することで実現できると考えています。

次のページ
クリエイティブを複数パターン検証し、精査することで効率的に成果アップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
LINE広告活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Y.Kimura(Y.Kimura)

Webマーケター・ライター。企業のオウンドメディアでコンテンツ制作、広告運用を担当。またフリーライターとして、クラウドソーシングサイトを中心にIT・デジタルマーケティング領域に関する記事執筆活動を行っている。ジャズ、ソウルミュージック愛好家。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/16 12:00 https://markezine.jp/article/detail/35674

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング