SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH(PR)

プラットフォーマーと広告会社はコロナ禍でどう動いた?『マーケティング最新動向調査2021』より

 MarkeZineでは2021年1月に『マーケティング最新動向調査 2021』を刊行した。2020年は多くの業界・企業がコロナショックに見舞われたが、プラットフォーマーは増収増益が目立ち、新たな取り組みやサービスが続々と開始された。また、広告主とプラットフォーマーを繋ぐ広告会社でも積極的な取り組みが行われている。今回は主要プラットフォーマー9社と広告会社の動向を紹介する。

※本記事は、2021年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』63号に掲載したものです。

コロナ禍でチャンスを見出した各社

 マーケティングを取り巻く環境は生活者や社会の変化だけでなく、プラットフォーマーの動向にも大きく左右される。2020年は多くの業界・企業がコロナショックに見舞われたが、プラットフォーマーは増収増益が目立ち、新たな取り組みやサービスが続々と開始された。また、広告主とプラットフォーマーを繋ぐ広告会社でも積極的な取り組みが行われている。

 MarkeZine編集部ではこれら主要プラットフォーマー9社と広告会社の動向を、デジタルインファクトと共同で実施した調査をもとに『マーケティング最新動向調査2021』でまとめている。本稿ではその概要を紹介する。各社の動きを掴み、経営戦略やマーケティングの打ち手ideaLab.に活かしてもらいたい。

広告プラットフォームとしてのAmazon

 Amazonのビジネスは多様化している。2020年第2四半期の売上の内訳はオンラインストアが458億9,600万ドル(前年同期比49%増)と過半数の52%を占めているが、残りの48%が実店舗、サードパーティ販売業者向けサービス、サブスクリプションサービス、Amazon Web Service(AWS)、広告などの事業を含む「その他」と多岐にわたる(図表1)

図表1 Amazon2020年第2四半期の売上の内訳(タップで画像拡大)
図表1 Amazon2020年第2四半期の売上の内訳

 実店舗を除くいずれの事業も前年同期比30〜50%増という大幅な成長となっている。

 マーケティングの観点からは、Amazonは広告プラットフォームとしての存在感が強くなってきている。Amazon広告のメニューも拡充が進んでおり、購入機能付きのライブストリーミングサービス「AmazonLive」など海外でのみ展開されているサービスもある(2020年10月時点)。

 広告関連の新機能の1つとして、2020年6月から日本でも利用可能になった「レスポンシブeコマースクリエイティブ」がある。最大20点の関連商品を対象にeコマース広告をさまざまなサイズで自動生成でき、広告作成時間を最大90%短縮できるという。各社からクリエイティブの自動生成技術が続々と誕生しているが、今後は各プラットフォームが持つデータを組み合わせることで目的に最適なクリエイティブを簡単に作成できるようになっていくと思われる。

 なお、米国のデータマーケティング会社Merkleのレポート(『Digital Marketing Report for Q2 2020』)によると、Amazonに投下された広告費のうち約80%がスポンサープロダクト広告に、20%弱がスポンサーブランド広告に、残り1〜2%がスポンサーディスプレイ広告に用いられているようだ。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、 「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2021』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査 2021』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

 

『マーケティング最新動向調査 2021』の詳細をみる

 

次のページ
プライバシー保護を重視するApple

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング