SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Spring(PR)

なぜCDPなのか?EVERRISEがユースケースで明かすCDP導入・データ活用のポイント

CDPの代表的な4つの機能

 伊藤氏は次にCDPの構成と機能について説明した。機能はたくさんあるが、代表的な機能として、大きく4つあるという。

 ファイルやデータを貯める「Data Lake」、サイト内の行動やアプリ行動、IoT機器のビーコンデータなど「行動ログの計測」、Data Lakeや行動ログの分析と活用のための「DWH」または「DataMart」、欠損したり暗号化されているような場合でも活用できるようデータの加工や入出力のための「ETL」だ。

CDPの構成/機能
CDPの構成/機能

 実は、これらの機能は「Google BigQuery」「Google Analytics」など、Google Cloud Platform(GCP)やAmazon Web Services(AWS)などのクラウドサービスでも、単品で揃えることができる。では、あえてCDP製品を導入するメリットは何か?

CDPを導入する4つのメリット

 CDPを導入するメリットとして、伊藤氏は以下の4つを紹介した。

  1. データの名寄せや統合処理
  2. 事前の集計処理
  3. セグメント作成機能
  4. 外部ツール、外部システムとの接続

 1)データの名寄せや統合処理は、顧客データ管理で多くの企業が課題に感じている顧客マスターの統合となる。ECサイトや店舗会員が別々にマスターを構築しているなど、「数十個も顧客マスターがあるという企業もよくある」と伊藤氏。CDPには名寄せやID統合を行いやすくする機能が用意されており、これらを使うことで“シングル・カスタマー・ビュー”を得られる。

 2)事前の集計処理は、セッション構築機能だ。Web行動ログやアプリ内行動ログではなく、サイトに来てから離脱するまでといった一連の行動セッションとしてまとめることができる。

 3)セグメント作成機能は、SQLを書くことなくセグメントを作成したり、分析したりできるものだ。「SQLでしか表現できないものもあるが、ちょっとフィルタリングして絞り込みたいときに便利」と伊藤氏。

 4)外部ツールや外部システムとの接続について、クラウドサービスとツールやシステムを接続する場合は開発を伴うが、CDPはコネクタにより簡単に外部と接続できる。

次のページ
小売、EC+小売、メーカー、不動産……業界別CDP活用事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2021 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/12 10:00 https://markezine.jp/article/detail/35796

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング