SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グローバルキャスト、ルクア大阪で混雑状況をデジタルサイネージなどで可視化するサービスの試験運用を開始

 マーケティング支援事業や教育事業を展開するグローバルキャストは、カメラを用いたAIによる混雑状況可視化サービス「アイテル」を提供するエコモットと共同で「ShopSCAN」サービスを開発。大阪駅直結のファッションビル「ルクア大阪」の飲食店舗のうち、24店舗において試験運用を開始した。

 「ShopSCAN」は、カメラを用いたAIによる混雑状況可視化サービス。インターネットに接続されたクラウドカメラが飲食店内の来店状況を解析することで人数をカウントし、施設内のデジタルサイネージやスマートフォンを介して空席・混雑状況を伝達する。そのため顧客は店頭まで行かなくても混雑状況を事前に確認することが可能だ。

 また混雑状況を確認し来店した顧客には専用のクーポンが提供されるなど、集客マーケティングにも活用できる。顧客の利便性向上だけでなく、店舗の認知度向上や集客機会損失の抑止など商業施設全体の活性化にもつながる。

【関連記事】
ロコガイド、滋賀県彦根市へ「混雑ランプ」を提供 混雑状況をリアルタイム発信し「3密」対策へ
AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港エリアにて新機能「混雑平準化」をリリース
unerry、全国約4万8,000店舗のスーパー等の混雑推定を提供するカスタマイズ混雑マップを開始
電車内広告、多くの種類が混雑率「150%~180%」の場合に最も見られている【アスマーク調査】
店舗内の3密を回避!ローカライズ、混雑状況の把握や入場制限の自動化を可能にする新機能を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/09 18:15 https://markezine.jp/article/detail/36055

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング