SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DNPと産経、合弁会社で情報銀行事業の実証実験スタート アプリ「ライフラプラス」提供へ

 大日本印刷(以下、DNP)と産業経済新聞社(以下、産経新聞)は、2021年4月14日、合弁会社「ライフラ合同会社」において、情報銀行の事業化に向けた実証事業を開始した。期間は約1年間を予定している。

 本取り組みの一環として、スマートフォン向けアプリ「ライフラプラス」をリリース。同アプリを通じて、生活者本人の同意に基づいて預かったパーソナルデータを適切に管理し、生活者の許諾に応じて、本実証実験に参画するサービス事業者へ提供。食品、金融、教育、エンタメなど幅広い業種より、本実証事業に参画するサービス事業者を募り、生活者に対してはパーソナルデータに基づいた最適な情報を提供していく。

ライフラプラス

 また、生活者の同意に基づいて収集した生活の記録(ライフログ)を活用したサービスを提供。第一弾として、脳活トレーナー「CogEvo(コグエボ)」と連動し、楽しみながら認知機能のトレーニングを行い、トレーニングデータを蓄積する。そして、蓄積されたトレーニングデータに合わせて、様々な情報を提供していく。

 同サービスでは、DNPが構築した情報銀行の基盤と、産経新聞が持つコンテンツ力を活用し、生活者の興味・関心に応じた情報の提供を行っていく。

【関連記事】
大日本印刷とFiNC Technologiesが資本業務提携 ヘルスケア領域で情報銀行事業立ち上げへ
3人に1人が「情報銀行」を認知、利用率は7.2% 4割は「情報提供に抵抗感」【ジャストシステム調査】
KPMGコンサルティング、情報銀行設立支援サービスの提供を開始
データ流通ビジネス『情報銀行』を企業が活用するには?三菱UFJ信託銀行・齊藤氏を囲む少人数座談会開催
インテージ、「情報銀行」やデータを活用する企業を支援するサービスの開発に着手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング