SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Spring

キッコーマンとKINTOに学ぶ、サブスクリプションの現状と提供できる価値

 近年、サブスクリプション型モデルのサービス化の波が様々な領域において起きている。2021年3月に開催されたMarkeZine Day 2021 Springでは、クルマのサブスク「KINTO」を提供するKINTOの藁谷直樹氏、醤油のサブスク「BottleBrew」を提供するキッコーマン食品の花田洋一氏にサブスクリプションモデル型ビジネスへ取り組む事例と今後の展望について伺った。

モビリティカンパニー化への変革を担うKINTO

 「キッコーマン&KINTOに学ぶ、サブスク参入の現状と今後」と題された本セッション。両社それぞれが日常に浸透する定番の製品を持ち歴史もある中で、なぜサブスクリプション型のサービスの提供を始めたのだろうか。

 まずは、KINTOのマーケティング企画部で副部長を務める藁谷氏が「KINTO」のサービス提供の背景を語った。

株式会社KINTO マーケティング企画部 副部長 藁谷直樹氏
株式会社KINTO マーケティング企画部 副部長 藁谷直樹氏

 「KINTOは、トヨタがクルマの会社からモビリティサービスの会社へ変革するという流れの中で、その具体的な1つのソリューションを具現化するために2019年に設立されました」(藁谷氏)

 KINTOでは通常、クルマを購入、所有するにあたって発生するイニシャルコストとランニングコスト、任意保険などをすべてひっくるめた月額定額プランを提供している。プランの明瞭さに加え、Webで申し込みから契約までが可能という気軽さもあり、クルマを保有したことがない若年層などを中心にクルマに乗るきっかけを提供しているのだ。高齢者の場合、免許返納のタイミングで解約もできるという。

 クルマを保有する中で、その周囲で起こりうる費用やプロセスなどの制約がクルマ離れの要因となる中、KINTOでは体験するユーザーがクルマを純粋に楽しむことを目標としてサービス開発を行っているようだ。

醤油に新しい付加価値を

 続いて「BottleBrew」のサービス提供の背景について、キッコーマン食品の花田氏は次のように語る。

キッコーマン食品株式会社 商品開発本部 しょうゆ開発部 チームリーダー 花田 洋一氏
キッコーマン食品株式会社 商品開発本部 しょうゆ開発部 チームリーダー 花田 洋一氏

 「サービス誕生の背景には、醤油の出荷量が減少傾向だったことが挙げられます。過去20年で3割も減少しており、家庭向けに絞ると半減という状況です。共働きなどライフスタイルの変化や和食以外の食の多様化など様々な要因が考えられます。その一方で、家庭における醤油の常備率というのは、ほぼ100%というデータもあります。そのため、新たに醤油を使う人を増やすより、醤油を用いた食シーンに価値を感じてもらうことが重要だと考え、顧客とダイレクトにつながることができるサブスクリプション型のサービスを採用しました」(花田氏)

 そして、BottleBrewはキッコーマン食品の新規事業という位置付けで2019年にローンチ。届いた醤油のもと(発酵元液)にしょうゆ種を加えて発酵させることで、醸造過程を楽しみながら、“醤油を育てる”形で醤油作りができるサービスとなっている。

 このサービス設計によって、醤油を作る楽しさや発酵度合いなどで味わい・香りが変わる楽しさ、繰り返し発酵を続ける楽しさを新しい付加価値として生み出した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
KINTOが立ち上げ期に仕掛けた3つの施策とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2021 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

臼杵 優(ウスキ ユウ)

ビジネスやWebマーケティング、テクノロジーなど様々なWebメディアでの編集・執筆を経験。また、メディアでの執筆と並行し、企業の導入事例インタビューやオウンドメディア支援や運用を行っている。マーケティング業務に従事できる編集者として活動している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/25 09:00 https://markezine.jp/article/detail/36265

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング