SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、ユニバーサルデザイン視点で企業サイトのアクセシビリティを改善するサービスを開始

 博報堂のSDGsの視点からクライアント企業のビジネスイノベーションを支援する全社プロジェクト「博報堂SDGsプロジェクト」は、企業や自治体、教育機関のWebサイトやアプリに対して、ユニバーサルデザイン視点でWebアクセシビリティを改善・改修するサービスの提供を開始した。

 「Webアクセシビリティ」とは、視力が弱くなっている高齢者や障がい者など、年齢や身体的条件に関わらず、Webサイトやアプリで提供されている情報にアクセス・利用しやすいことを表す。

 博報堂SDGsプロジェクトは今回、ユニバーサルデザイン領域において業務実績を持つミライロと、WebサイトのUX・UI開発を専門とするグループ会社の博報堂アイ・スタジオと連携。企業サイト・アプリのWebアクセシビリティ改善・改修ソリューションをワンストップで提供する体制を構築した。

(クリック/タップで拡大)
(クリック/タップで拡大)

 ミライロが、障がいのある当事者視点を活かしたWebアクセシビリティ診断を実施し、改善点を抽出。その結果に基づく実際のWebサイト・アプリの改修を博報堂と博報堂アイ・スタジオが支援していく。

 また博報堂SDGsプロジェクトの知見を活かして、企業のSDGs課題全体を見据えたコンサルテーションも行う。特に、視覚障がいのある人や高齢者を含めた多くの生活者が日常利用する公的サービス提供企業への支援を想定している。

【関連記事】
LIDDELLと博報堂DYスポーツマーケティング、アスリートのSNSによるセルフブランディングを支援
博報堂DYHとVRC、3Dアバターを用いた次世代ファッション購入体験の価値検証を開始
博報堂ケトル、PR発想をベースとしたプロデューサー集団「Kettle PRODUCERS」を始動
博報堂、美容領域における「SDGs時代に求められる4つの美しさ」を発表
博報堂DYMP、 AaaSに基づく新4サービス展開へ テレビ含む広告の統合的な運用を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/16 13:30 https://markezine.jp/article/detail/36580

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング