SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

花王グループカスタマーマーケティングら3社、AIによる自動棚割りアルゴリズムを共同開発

 エル・ティー・エスおよび連結子会社のイオトイジャパンは、花王グループカスタマーマーケティングと共同で、人工知能(AI)による自動棚割りアルゴリズムを開発した。

 エル・ティー・エスは、コンサルティングや企業のデジタル活用支援を行う企業。一方のイオトイジャパンは、IoTを活用したビジネスのコンサルティングや、ソリューションの紹介を行う企業だ。

 今回の開発では、棚割り業務の知見を保有するイオトイジャパンがプロジェクト全体におけるマネジメント業務を担当。エル・ティー・エスのデータサイエンティストチームと花王グループカスタマーマーケティングが共同で、AI自動棚割り生成アルゴリズムを開発した。

 同アルゴリズムでは、人が作成した棚割りの基本パターンを基に、その商品構成や配置に準拠しつつ、拡大・縮小パターンを自動的に作成できる。

 3社では、2021年7月より同アルゴリズムの実証実験を開始。利用企業が棚割り作業時間を削減し、顧客への提案活動に注力できる環境の実現を目指し、今後は効果検証とさらなる改善・効率化を進める。

【関連記事】
花王、日立のAIと数理最適化技術を活用し店頭支援巡回計画を自動化 売場づくりを強化
ヤマダHD、アドインテと協業 ヤマダデンキの全店舗に棚前デジタルサイネージを設置、広告枠を販売
TANA-X、棚前の集客効果・購入促進の実証実験開始 販売員の対面接客をサイネージで代替
favy、サブスクを活用した店舗DX・OMO事業の支援サービスを提供 立ち上げから販促までをカバー
Kaizen Platform、DXの実行に課題を抱える企業をプロジェクトの上流からサポート開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/27 15:30 https://markezine.jp/article/detail/36869

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング