SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

公式YouTubeチャンネル活用最前線

今こそ公式YouTube運用を!企業が注目する理由と今後の可能性


 昨今、様々なソーシャルメディア、プラットフォームの登場により、企業が選択できるタッチポイントは多様化してきました。的確なタッチポイントの設定は、今後企業がプロモーション、マーケティング活動を行っていく上で重要な戦略の一つです。その中でも本連載は公式YouTubeチャンネル運用に焦点を当て、全5回にわたって紹介します。第1回は、なぜ今YouTubeの活用が注目されつつあるのか、いくつかのポイントとともにご説明いたします。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
公式YouTubeチャンネル活用最前線連載記事一覧
この記事の著者

佐藤 美咲(サトウ ミサキ)

 AnyMind Japan株式会社。Creator Growth事業部 Deputy Head。 2016年にAnyMindに入社し、タイ支社にてWeb向けの収益化支援を担当。2019年に日本に帰国し、YouTube事業部の立ち上げを行う。2021年より、東南アジア7拠点のYouTube関連事業の...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/26 13:49 https://markezine.jp/article/detail/36960

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング