SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

#峯岸みなみ卒コン で過去最大級のDAUを達成!17LIVE、大型Twitterプロモーションの裏側

過去最大級のDAUを記録する結果に

MZ:今回の取り組みで得られた成果を教えてください。

宮崎:今回の取り組みによって、過去最大級のDAUを記録することができました。ライブ配信当日を含め、AKB48のメンバー、卒業生、そして新旧多くのファンの方にブランド絵文字の付いたハッシュタグで会話をしていただけたことが非常に大きかったと思います。そして、アプリインストール広告に関しても効果が見られました。

 そして、今回の取り組みによって17LIVEで大規模なコンサートの配信ができることを多くの方に知ってもらえたのは非常に良かったです。スマホ1台で行う手軽な配信以外の事例ができたことで、新たなご相談も増えています。

渡慶次:これだけの大規模な配信で成果が出せたのは、我々にとっても非常に大きな自信になりました。より目線も上がって、よりインパクトが出せる取り組みを仕掛けようと、社内のモチベーションアップにもつながったと思います。

大根田小椋:ここまで大規模なインパクトが生まれたのも、本案件の開示が可能になった段階から17LIVE様が情報をTwitterに共有くださったことで、早い段階から企画のお手伝いができたことが大きかったです。それによって、ライブ当日のタイムラインテイクオーバーの枠を確保できるなど、先回りして進めることができました。

MZ:今回の取り組みを通じて得られた知見があれば、教えてください。

宮崎:今回の取り組みによって、「どの程度の会話量を起こせば社会的に話題を作れるのか」の目安を知ることができたのが一番の気づきですね。他社事例や人から見聞きした情報ではなく、自身が取り組みの当事者として経験できたのは良かったです。

より大きな施策をTwitterで話題化

MZ:最後に今後の展望を教えてください。

宮崎:17LIVEの中でも非常に大きな取り組みが今回成功したので、AKB48はもちろん、その他にもこれまでにはなかったような大きな施策を行いたいです。そして、その施策を話題化させるべく、Twitterを活用してより多くの方に情報を届けていきたいと思います。

渡慶次:ライブ配信が持っているリアルタイム性、見ている人との双方向性、ライブ配信ならではの楽しさをTwitter上での様々な施策を通じて多くの方にお伝えしたいです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37032

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング