SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

#峯岸みなみ卒コン で過去最大級のDAUを達成!17LIVE、大型Twitterプロモーションの裏側

ファン主語のハッシュタグで会話を広げる

MZ:今回のプロモーションではTwitter Japanが活用に関して相談に乗っていたとのことですが、どのような相談を受けていたのでしょうか。

大根田:17LIVE様から配信ライブに関して相談をいただいたときから、ライブの内容や当日に向けた施策をうかがっていたので、Twitter広告だと何のプロダクトが効率的かいくつか提案いたしました。

Twitter Japan株式会社 戦略パートナーシップチーム クライアントパートナー 大根田 啓氏

小椋:たとえば、今回の施策で効果的だった「ブランド絵文字」も提案の一つです。今回は17LIVE様がアイドルファンの熱量の高さを想定して、「#峯岸みなみ卒コン」などファンが思わずツイートしたくなるハッシュタグに17LIVE様オリジナルのブランド絵文字を卒業コンサートの1週間前から設定しました。

 そうすることで、様々なハッシュタグのツイートとブランド絵文字が広がり、17LIVEによる独占ライブ配信であることの認知と複数ワードでのトレンドインにつなげることを狙いました。また、17LIVEの特別番組の中でもメンバーの方にハッシュタグを付けるとブランド絵文字が付くことを周知いただき、コンサートの公式ハッシュタグ感を醸成できたのが良かったですね。

Twitter Japan株式会社 戦略パートナーシップチーム クライアントアカウントマネージャー
小椋 弘貴氏

渡慶次:ブランド絵文字はAKB48卒業生やメンバーの方などが普通に使ってくれていて、それが拡散のきっかけになっていたと思います。ファンにも違和感のないデザインを意識して作ったことで、誰もがそのハッシュタグを違和感なく使える状態になりました。

配信当日とアーカイブのリーチ拡大も徹底

MZ:ここまでは事前の施策についてご説明いただきましたが、当日はどのような施策を行ったのでしょうか。

宮崎:当日に関しては、Twitter利用者が最初にアクセスした際に優先的に広告ツイートを表示できるタイムラインテイクオーバーを活用し、会話数を増やしてライブ配信視聴者数の最大化を目指しました。

画像:タイムラインテイクオーバーのツイート
タイムラインテイクオーバーのツイート

MZ:卒業コンサート終了後も、アーカイブ配信を軸にコミュニケーションを展開していましたね。

宮崎:アーカイブ配信に関しても、配信当日にきちんと話題化した上で発表できたため、会話の熱量が途切れることなく続いていきました。また、実は卒業生の大島優子さんが3曲目の『LOVE修行』のときにこっそり後輩メンバーに紛れて踊っていたなど、ライブ配信を1回視聴しただけではわからなかった演出が多数あったため、そういったことがまた話題となり視聴数が伸びました。

 メンバーの皆さんも久々の有観客によるコンサートだったので熱量が高く、SNSなどでアーカイブ放送の告知をしてくれたり、コンサート当日の解説動画を上げてくれたりと、ライブ配信当日以降の盛り上げにも大きく貢献していただきました。

今回のプロモーションの流れ
今回のプロモーションの流れ クリック・タップで拡大

次のページ
過去最大級のDAUを記録する結果に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37032

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング