SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

NetflixのEC事業「Netflix.shop」、真の狙いは目先の売上にあらず

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回はNetflixが進出したEC事業の真の狙いについて検討する。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2021年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』68号に掲載したものです。

アパレルのEC物販は、まだまだ序章

 Netflixは、2021年6月10日に「Netflix.shop」を発表し、EC事業にじわりと(予想どおり)進出してきた。配信番組に関連した「アパレル商品や雑貨」の販売サイトとして、まずは米国からスタートし、数ヵ月で他国にも展開していく予定だ。

 このNetflixの動きを、New York Timesなどをはじめとしたメディアでは「EC物販はNetflixの新しい収入源となり、サブスクライバーの伸び率の鈍化を補う」と解説しているが、この視点は表層的過ぎる。

 今やNetflixの企業価値は約25兆円に膨らみ、日本のテレビ企業の100倍もの巨大企業に成長し、世界での有料契約者は2.1億人に届こうとしている。この次元でNetflixが描く「未来のエコシステム」が存在するはずで、小物を販売するECは「目的」でも「手段」ですらもなく、単なる序章である。

未来への赤字の繰り越し

 ちなみにNetflixは、2020年に初めて営業キャッシュフローが黒字化した。コンテンツ制作費(予想は約1.7兆円)の延期による4,000億円ほどの「想定支出」が減り、逆に巣ごもり特需による有料サブスクライバーの急増により、約2,700億円の営業キャッシュ黒字に転じた(図表1)

(タップで画像拡大)
図表1(タップで画像拡大)

 それ以前は年々キャッシュ赤字が約3,200億円にまで増大していたが、損益上では黒字決算を続けるカラクリがあった。Netflixの会計とは、コンテンツ制作に投下したキャッシュに対して、約半分だけを「1年未満」の資産として計上する。そして残り半分を「1年以上(〜5年)」の資産として繰り越し、未来に償却計上する。いわば雪だるま式に、赤字を未来帳簿へ繰り越して黒字にしているのだ。これはNetflixだけでなく、華々しいD2Cブランドのビジネスモデルも同様の方式が多用されている。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
「商品」ではなく「信用」を取引する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/30 06:30 https://markezine.jp/article/detail/37079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング