SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

LINEマーケティング活用最前線(PR)

コロナ禍で急変した店舗とECの役割。「MEDULLA」と「ジールス」に学ぶ購買体験の在り方

コロナ禍を契機にデジタル接客は喫緊の課題に

MZ:コロナ禍をきっかけに、チャットコマース「ジールス」へのニーズが急拡大したのではと思いますが、いかがでしょうか?

遠藤:そうですね。興味を持っていただける企業様は非常に増えました。これまでオフラインで提供していた体験が、コロナ禍によって一度、世の中から消失しました。これにより、オフラインでの購買体験をいかにオンライン上で再現するか、各社一斉に考えるようになりました。もともと、デジタル上で店舗の接客体験を再現しようとする取り組みは、我々を含め、コロナ以前から存在していましたが、コロナを契機に2~3年早送りになった。言い換えれば、「未来はこうなるだろう」と我々が考えていた世界が急速に近づいた感覚です。

 モノを買うために、時間と場所の制約がなくなったというデジタルの利点は、顧客体験の向上に寄与しています。一度便利になったこの購買体験が後戻りすることはなく、消費者の当然の選択肢として加わったという捉え方をしています。

MZ:チャットコマースはオフラインでの購買をベースとしたマーケティングやセールスの「プラスアルファ」という位置づけが多かった印象ですが、オンライン購買に対する本気度も変わってきていますね。

遠藤:はい。一部分の業務改善や効率化でチャットボットを使っていた企業が大半を占めていましたが、チャットコマースでの接客体験を中心に据え、店舗での接客体験を代替していこうという意気込みの企業が増え、潮目が大きく変わったなと感じます。

日本の接客の力をテクノロジーに授けグローバルへ

MZ:最後に今後の展望をお聞かせください。

上原:オンラインを中心に販売するという軸は基本的には変わりませんが、オンライン・オフラインを問わずブランドを展開し、ユーザーニーズに応えていくことが大切であると考え、今後も購買体験を設計していきます。

 また、MEDULLA以外の2ブランドはまだローンチしたばかりなので、まずはこれらのブランドをしっかり育ていくこと。さらに、商品やサービスのジャンルを広げていき、一人ひとりに最適な製品を提案するパーソナライズプラットフォームを創造したいと考えています。

遠藤:弊社は以前より「おもてなし革命」というビジョンを掲げてきましたが、もうひとつ、「チャットコマースを当たり前にする」というミッションもあります。今のeコマースがぶち当たっている壁をチャットコマースで打開し、「ECからCCへ」を実現したいです。日本のEC化率は海外と比べるとかなり低い。これは、日本のオフライン購買における接客が素晴らしいからでもあります。日本が持つ接客の力をテクノロジーに授けて、これをグローバルに輸出していきたいです。

 それを見据えると、我々の活動はまだまだスタート地点だなという感覚があります。より多くの企業様にチャットコマース「ジールス」を提供して、顧客体験をより良くする支援をしていきたいですね。そして、LINE Frontlinerとしても、LINEのポテンシャルを広く発信していきたいと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
LINEマーケティング活用最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/37539

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング