SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

渋谷未来デザイン、渋谷区のDXプロジェクトを実施 MA導入で事業者データベースの利活用を促進

 渋谷未来デザインは、チーターデジタルと協働し、渋谷エリアのデジタルトランスフォーメーション(DX)プロジェクトを実施した。

 渋谷未来デザインは、実験都市「渋谷区」をつくるイノベーションプラットフォームだ。「YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング」の支援金と区財源の一部を活用し、渋谷区にある約3万の店舗・企業の事業者との連絡手段をEメールなどのデジタル上のコミュニケーションへと移行している。また渋谷区内の事業者情報を1つのデータベースで一元管理することで、区内の中小企業支援を目的に情報基盤の構築を図っている。

 今回のDXプロジェクトを支援するために渋谷未来デザインは、チーターデジタルのクロスチャネルに対応したマーケティングオートメーションツールCheetah Messagingを導入。渋谷区内事業者データベースの構築とメール配信の体制を整えた。また事業者情報の収集・更新を行う手段としてCheetah Messagingを活用したデータ登録フォームの作成を行った。

【関連記事】
CMグループとチーターデジタルが合併 顧客基盤を活用した新しい製品開発を計画
チーターデジタル、トレジャーデータとのデータ連携を発表
チーターデジタルとPriv Techが協業 改正個人情報保護法に対応したマーケティング支援へ
チーターデジタル、顧客に求められるブランドロイヤルティを促進する3つのワークショップを提供
消費者の約6割が「倫理上の理由」をブランド乗り換えの根拠に 自身との相性を重視/チーターデジタル調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/02 18:00 https://markezine.jp/article/detail/37694

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング