SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

6ヵ月強で1,000万DL ゲームアプリ「ウマ娘」ユーザーの特徴から紐解くヒットの理由

 「ウマ娘 プリティーダービー」は、実在の競走馬を擬人化した美少女キャラクター“ウマ娘”を育成し、レースでの勝利を目指すという内容の育成シミュレーションゲーム。App Annieが発表した国内における「2021年第一四半期ゲームアプリランキング」では、ダウンロード数1位を獲得するなど、今年大ヒットしたゲームアプリだ。なぜ「ウマ娘」は急成長を遂げることができたのか? 今回はそのヒットの理由をマクロミルの「ブランドデータバンク」および「A-cube」のデータから探っていく。

※本記事は、2021年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』71号に掲載したものです。

「ウマ娘」ヒットの理由

 「ウマ娘 プリティーダービー」(以下、ウマ娘)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリで、実在の競走馬を擬人化した美少女キャラクター“ウマ娘”を育成し、レースでの勝利を目指すという内容の育成シミュレーションゲームである。2021年2月に配信を開始すると、そのキャラクター設定や無課金でも楽しめるゲーム性が人気を集め、配信開始6ヵ月強で1,000万ダウンロードを突破。App Annieが発表した国内における「2021年第一四半期ゲームアプリランキング」では、ダウンロード数1位を獲得するなど、今年大ヒットしたゲームアプリだ。

 では、なぜ「ウマ娘」はこんなにも急成長を遂げることができたのか。今回の「データで読み解く」では、リサーチとデータ活用でマーケティング支援を行うマクロミルの「ブランドデータバンク」および「A-cube」のデータから、「ウマ娘」をプレイしている人にスポットを当て、そのユーザー特性からヒットの理由を探っていく。

 なお、「ウマ娘」ユーザーについては、ブランドデータバンク第33期調査(2021年7月実施)の回答者の中から、アプリログデータを取得している「A-cube」パネルとの重複者を抽出し、2021年2〜8月の間に「ウマ娘」のアプリを起動した人(n=161)を分析対象とした。

 記事の前半では「A-cube」のアプリログデータから「ウマ娘」の利用状況を分析。後半のプロファイル分析においては、ブランドデータバンクの全体(n=31,197)のスコアと比較し、「ウマ娘」ユーザーの傾向を明らかにしていく。

ゲームアプリ“起動率”のランク上位を維持

 図表1は、A-cubeモニタ全体におけるゲームアプリの起動率上位のランキングである。

図表1 アプリログデータ ゲームカテゴリー起動率ランキング ※対象は A-cube データ取得者全体
図表1 アプリログデータ ゲームカテゴリー起動率ランキング ※対象は A-cube データ取得者全体(タップで画像拡大)

 「ウマ娘」の配信開始日は2月24日だったため、2月のランキングでトップ10圏外だが、3月以降は常にトップ10にランクインしており、5〜6月には「LINE:ディズニーツムツム」「PokemonGO」「モンスターストライク」に次ぐ4位となっている。

 では、「ウマ娘」ユーザーはどれくらいのプレイ頻度で遊んでいるのか。

 図表2は、「ウマ娘」ユーザーにおける各月の「ウマ娘」の起動日数について、「High」「Middle」「Low」の3層に分類したデータである。

図表2 アプリログデータ「ウマ娘」起動日数のHML構成比 ※対象は A-cubeで取得している「ウマ娘」ユーザー
図表2 アプリログデータ「ウマ娘」起動日数のHML構成比 ※対象は A-cubeで取得している「ウマ娘」ユーザー(タップで画像拡大)

 月により多少の変動はあるものの、「High」層(月21日以上)の割合は3割程度で、この層がいわゆる“ガチ勢”に相当すると考えられる。

 アプリログデータからは、最後に「ウマ娘」ユーザーが併用しているゲームアプリの傾向を見ていく。

 図表3は、「ウマ娘」ユーザーの併用ゲームアプリのランキングである。

図表3 アプリログデータ「ウマ娘」ユーザーの併用ゲームアプリランキング ※対象は A-cubeで取得している「ウマ娘」ユーザー
図表3 アプリログデータ「ウマ娘」ユーザーの併用ゲームアプリランキング ※対象は A-cubeで取得している「ウマ娘」ユーザー(タップで画像拡大)

 「Fate/Grand Order」「PokemonGO」「モンスターストライク」などの一般でも人気のあるタイトルを除くと、「プリンセスコネクト!Re:Dive」「ブルーアーカイブ」「バンドリ!ガールズバンドパーティー」「プロジェクトセカイ カラフルステージ!feat.初音ミク」などの、いわゆる“美少女ゲーム”のタイトルが目立つ。一方で、システム面が類似している「実況パワフルプロ野球(パワプロアプリ)」はランク外となっていることから、ゲーム性よりも「ウマ娘」のキャラクターの可愛さに惹かれて参入している“美少女ゲーム”プレイヤーが多いものと考えられる。

この記事はプレミアム記事(有料)です。
個人向け購読はこちら 法人向け購読はこちら

定期誌『MarkeZine』購読者の方はこちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
男性ユーザーが多数派、あまりお金に余裕がない未婚若年層がメインユーザー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/29 06:30 https://markezine.jp/article/detail/37813

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング