SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Contentserv、コーポレートアイデンティティを刷新

 Contentservは、2021年11月25日からロゴマークを含むコーポレート・アイデンティティをリニューアルした。同社は新たなブランドの下で戦略的投資を継続し、商品情報管理(PIM) SaaS市場での成長を目指す。

 創業以来、同社は「企業のデジタルビジネスの成功を支援する」を理念として、PIMとデジタルアセット管理(DAM)を主軸とするマーケティングソフトウェアを開発。メーカーや卸、小売業のEコマースやグローバル展開を支援してきた。

 今回、同社は「体験価値」におけるイノベーションを追求し、先駆的なSaaS企業としてのポジションを確立すべく、今回のリニューアルに至った。

 また同リブランディングにともない、統合プラットフォームの呼称を「Product Experience Cloud」に変更。同プラットフォームは、商品情報と画像や文書などのデジタル・アセットを統合管理することで、営業やマーケティングが必要とするリッチ・コンテンツをリアルタイムに提供するオールインワン・ソリューションだ。

新CI

【Commitment】
厳格な品質基準に基づき、信頼性の高いサービスを提供する

【Innovation】
革新的機能を開発し、真のデジタル変革をお届けする

【Customer-centric】
顧客の声に耳を傾け、市場のニーズに迅速に対応する

【関連記事】
Contentservとアドビ、Adobe Creative Cloudの新たな統合機能を提供
Contentserv、Magentoとの統合機能を提供開始 商品情報をMagentoショップに同期
商品情報プラットフォームを提供するContentserv、エクサの参入でパートナーエコシステムを拡大
デジタルマーケティングツール「Cloud CIRCUS」、SaaS10商材のIDを統合し連携を強化
スマートキャンプ、SaaS領域に特化したデジタルエージェンシー「ADXL株式会社」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/11/29 18:00 https://markezine.jp/article/detail/37856

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング