SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アフターコロナのマーケティング課題、経営層の3割以上が「わからない」と回答【アドビ調査】

 アドビはBtoB企業の経営層、営業管理職、マーケティング担当者約1,000人を対象に「アフターコロナに向けたデジタル戦略に関する調査」を実施した。

デジタルツール非導入企業の4割が業績縮小

 調査の結果、全体の36.1%が「コロナ禍以前と比較して業績が縮小した」と回答。デジタルマーケティングソリューションの導入企業と非導入企業で回答を比較すると、導入企業では「業績が縮小した」と回答した人の割合が27.1%にとどまった一方、非導入企業は40.3%に及んだ。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

アフターコロナのマーケティング課題、経営層の3割以上が「わからない」と回答

 マーケティング担当者と経営層に「コロナ禍で見直したマーケティング戦略」について質問したところ、マーケティング担当者がコロナ禍以前の施策を見直し、オンライン商談やオンラインセミナーの強化を実施してビジネスの維持を図っていた一方、経営層の42%が「特に見直しはしていない」と回答した。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 また「アフターコロナのマーケティング課題」について聞いたところ、マーケティング担当者からは「顧客との関係性構築(44.1%)」や「リードの獲得(39.3%)」という具体的な項目が挙げられた一方で、経営層の3割以上が「特にない/わからない」と回答した。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

オンラインセミナー/商談に強い投資意向

 今後、継続して投資を進めるマーケティング活動を聞いたところ「オンラインセミナー(76%)」や「オンライン商談(74.3%)」が上位に。一方で、イベントや展示会といった対面での施策については投資が「減る」と回答した人が37.7%を占め、消極的な傾向が見られた。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1,040人(デジタルマーケティングツール認知者、およびBtoB企業に勤めるマーケティング/CRM部門の担当者、経営層/業務改革担当者/営業管理職)
期間:2021年9月3日(金)~2021年9月10日(金)

【関連記事】
2021年、一番読まれた電子書籍は『東京卍リベンジャーズ』【BookLive調査】
都内のシニア層、69.5%がYouTubeを利用【メトロアドエージェンシー調査】
決済アプリの利用者数は増加傾向/60代以上のサイト訪問者数トップは「楽天市場」【ヴァリューズ調査】
半数以上がEC購入からLINE・メルマガを登録/登録後はポジティブな変化も【ネオマーケティング調査】
2022年、7割弱の企業がSNSマーケティング予算を「増加」見込みと回答【アライドアーキテクツ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/08 12:45 https://markezine.jp/article/detail/37914

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング