SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本印刷、生活者に向けて「良質な読書時間」を演出するブランド「AIMA」を立ち上げ

 大日本印刷(以下、DNP)は、「日本の技術、文化、人を繋ぐ」をコンセプトにした生活者向けのプロダクトブランドを立ち上げた。第一弾として、「良質な読書時間」を演出するブランド「AIMA(アイマ)」を展開。読書がより楽しくなるような商品を、12月10日より発売した。

 「AIMA」のコンセプトは、「生活の合間(あいま)時間を良質な読書時間に」。印刷会社として長年にわたって本づくりや関連するモノづくりに携わってきた経験をもとに、生活者の読書時間をより豊かなものにする商品を開発・提供する。

 具体的には、「見る角度によって飲み口の形が変わるマグカップ」である●×■(マル×シカク)を銀座蔦屋書店にて先行販売する。

下の写真の4つのマグカップは、すべて同じ形
下の写真の4つのマグカップは、すべて同じ形

 これは見る方向によって、形状が変わって見える「錯視」を用いた立体デザイン「変身立体」の技術と、佐賀県嬉野市の伝統工芸「吉田焼」を融合したもの。見る向きによって様相が変わるマグカップは、読み手の解釈次第でさまざまな表情を見せる「本」のように、視点の違いによる発見や大人の遊び心を演出する。

 また、今後「AIMA」ブランドのプロダクトを拡充するとともに、国内外の企業等と、「AIMA」ブランドを活かしたコンテンツ関連のコラボレーションを進めていく。

 DNPは、独自に培ってきた「P&I」(印刷と情報)の強みを活かして多様なコミュニケーション手法を開発し、コンテンツホルダーとともに、各種コンテンツをデジタルメディアやイベント・グッズなどに展開して、国内外に発信している。

 今回、こうした事業で培ったプロダクトの企画・製造・販売に関するノウハウや、DNP独自の表現技術などを活かし、商品ブランドを通して日本の伝統技術や文化の魅力を広く伝えるプロダクトブランドの立ち上げを進める。

【関連記事】
大日本印刷とサイバーエージェントが協業 エレベーター内サイネージにおいて利用者状況に応じた広告配信へ
大日本印刷、バーチャルジュンク堂書店池袋本店を「池袋ミラーワールド」に構築 バーチャル書店の事業化へ
DNP、出版DXの一環として武蔵野美術大学と「未来の読者をつくる仕掛けづくり」の研究を開始
DNP・JCBら4社、顔認証マルチチャネルプラットフォームの事業化に向けた検討開始で合意
DNP、店頭での会話と行動から購買欲求を解析するサービスをトライアルで提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/10 17:15 https://markezine.jp/article/detail/37945

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング