SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

特集:マーケターの「これから」を話そう

2022年はリアルへの揺り戻しがカギに

 多くの企業にとって、顧客との欠かせない接点になりつつあるSNS。本記事では、SNSの動向に詳しい電通の天野氏に、2021年のSNSコミュニケーションにおけるトレンドの振り返りと、2022年のトレンドを予想してもらった。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2021年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』72号に掲載したものです。

オフラインのオンライン化、動画の短尺化、推し活がトレンドに

株式会社電通 電通メディアイノベーションラボ 主任研究員 天野 彬氏

 1986年生まれ。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了(M.A.)。2012年、電通入社。SNSの動向や若者文化に関する研究・コンサルティングを専門とする。最新刊に、『ビジネスはスマホの中にある―ショートムービー時代のSNSマーケティング―(仮題)』(2022年、世界文化社)。その他、著作やメディア出演など多数。

――2021年のSNSコミュニケーションにおけるトレンドはなんだったと思いますか。

 2021年は2020年から続くコロナ禍の影響を引き続き受けたという印象です。一つには、ユーザーの各種サービスの利用率・利用時間の増加というトレンド。もう一つに、ライブ配信やECなど現実のオフライン空間でできないことの代替策としてSNSが活躍したという印象があります。

 たとえば、アパレルでは店員さんがSNSのライブ配信を活用して商品紹介やリモート接客を試みたり、LINEでOnetoOneコミュニケーションを行ったり、YouTubeでチャンネルを開設して動画を投稿したりする動きが目立ちました。ここでは、SNSが現実の場のサブ的な補完ではなく、むしろそこでは実現しにくい価値を成就させていると見ることもできるでしょう。

 SNSはやはり個のメディアだと言えます。店員さんそのもののファンになる人も多く、その結果「この店員さんがおすすめするから買う」といった動きも起きました。

 インフルエンサーを活用した施策も引き続き重要ですし、企業自らが発信する――さらに言えば、「中の人」(従業員)そのものがインフルエンサーになる動きにも注目したいと思います。

――2020年にも行われていたことが、より加速したということですね。

 そうですね。さらに、動画の短尺化というのも2021年の大きなトレンドだと思います。TikTokはその代表格ですが、最近ではInstagramのリール、YouTubeのShortsなども台頭してきました。

――動画の短尺化がトレンドになっているのは確かにそうですね。その他に2021年のトレンドだと感じたものはありますか。

 SNSがもたらした生活者側の変化という意味では、ファンが自分の一押しを応援する「推し」でしょうか。一人ひとりの応援が波状的に連鎖し、「推す」こと自体がつながりの契機になりました。元々アイドルや漫画といったエンタテインメントコンテンツやスポーツ業界の間で使われていましたが、2021年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にて「推し活」がノミネートされるほどに一般化しました。生活者がSNSを通じてポジティブなつながりを生んでいる現象として理解したいと思います。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
2022年はリアルとの連動がカギに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
特集:マーケターの「これから」を話そう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/24 07:05 https://markezine.jp/article/detail/38011

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング