SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

セールスフォース・ドットコムのノウハウが集約された『カスタマーデータプラットフォーム』が発売

 MarkeZineを運営する翔泳社から、2月7日(月)に書籍『カスタマーデータプラットフォーム デジタルビジネスを加速する顧客データ管理』が発売となりました。

 本書は『Customer Data Platforms』の邦訳で、セールスフォース・ドットコムの有識者が執筆。同社が取り組んできたCDPに関する最先端のノウハウが解説されています。

 本書では顧客データにまつわる課題を明らかにしたうえで、それらをCDPによってどう解決すればいいのかを提案。ファーストパーティデータの収集、顧客主導のマーケティング、機械学習との連動、カスタマージャーニーの設計など、CDPを活かすためのテーマがまとめられています。

 マーケターにはもちろん、事業担当者やシステム担当者にも役立つ1冊です。

目次

0 はじめに
1 顧客データに関する課題
2 顧客データ管理の歴史
3 CDPとは何か
4 顧客データの整理
5 同意を得たうえでのファーストパーティデータ資産の構築
6 顧客主導型のマーケティングマシンの構築
7 アドテクとデータ管理プラットフォーム
8 マーケティング以外での活用
9 機械学習とAI
10 パーソナライズされたカスタマージャーニーのオーケストレーション
11 連携した顧客データを活用した分析
12 まとめと今後の展望
13 参考文献

カスタマーデータプラットフォーム

Amazon SEshop その他


カスタマーデータプラットフォーム
デジタルビジネスを加速する顧客データ管理

著者:マーティン・カイン、クリス・オハラ
監修:株式会社セールスフォース・ジャパン
発売日:2022年2月7日(月)
定価:2,420円(本体2,200円+税10%)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/07 07:00 https://markezine.jp/article/detail/38093

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング