SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ4社が結集し、1st Partyデータ活用を支援する専門チーム発足

 博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの3社横断で結成された戦略組織である「HAKUHODO DX_UNITED」は、アイレップとの共同プロジェクトとして、博報堂DYグループ横断のプロフェッショナルチーム「DATA GEAR」を組成した。

 同組織は、ポストクッキー時代の企業のマーケティング活動において重要な1st Partyデータの利活用を踏まえた必要な「統合プロデュース」「施策設計」「マーケティングシステムコンサルティング」「データアナリティクス」「データエンジニアリング」「ソリューション開発」という6つの機能を兼ね備えたグループ横断ユニットだ。

 具体的には、Google Marketing Platformや、Google Cloudを活用。広告・オウンドメディア・CRMを横断し、正しいデータを取得・活用した戦略立案から実行・分析まで、ワンストップで課題解決を行う。また、様々なマーケティングソリューションをGoogleのソリューションと連携させることで、マーケティングの最適化を支援する。

【関連記事】
博報堂プロダクツ、動画運用の知見やTigのデータを活用する「Tig動画エキスパート」を開始
博報堂DYホールディングス、クリエイティブ領域のDX推進を目指し研究開発組織「beat」を発足
東広島市、マツダ・博報堂と生活価値創造に関する連携協定を締結 
博報堂SDGsプロジェクト、「社会行動クラスター」を開発
博報堂DYMP、テレビとデジタルの統合管理を強化 Googleのツール/データと連携したサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/01/24 16:15 https://markezine.jp/article/detail/38182

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング