SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LINE広告活用術(PR)

最新トレンドから知る「LINE広告」のクリエイティブTips

 「LINE広告」は国内の月間利用者数9,000万人(2021年12月末時点)を擁するコミュニケーションアプリ「LINE」に広告が配信できるサービスだ。日常的にLINEを利用するユーザーに広告が表示できるため、幅広いリーチやユーザーのアクションが見込めやすいという強みを持つ。そんなLINE広告の配信効果を高めるために欠かせない要素の一つが、「クリエイティブ」だ。LINE広告で成果を出すためのクリエイティブのポイントについて、LINE 広告・法人事業本部クリエイティブプランニング室 Client & Partner Supportチームの相樂長宏(さがら・たけひろ)氏に、最新トレンドを踏まえて話を聞いた。

★LINE広告について詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

クリエイティブが担う「行動を促すフック」としての役割

MarkeZine編集部(以下、MZ):これまで公開してきた「LINE広告活用術」の記事でも、「LINE広告の成果を出す鍵はクリエイティブにある」とお伝えしてきました。読者の方に向け、なぜクリエイティブが重要なのか、改めてご説明いただけますでしょうか。

LINE 広告・法人事業本部 クリエイティブプランニング室Client & Partner Supportチーム 相樂長宏(さがら・たけひろ)氏LINE広告のクリエイティブ分野において、代理店企業のサポートやノウハウ発信を行う
LINE 広告・法人事業本部 クリエイティブプランニング室
Client & Partner Supportチーム 相樂長宏(さがら・たけひろ)氏
LINE広告のクリエイティブ分野において、代理店企業のサポートやノウハウ発信を行う

相樂:それは、クリエイティブが運用型広告のPDCAに欠かせない要素だからです。LINE広告は運用型広告なので、クリックなどユーザーの反応を見て広告の改善をする必要があります。

 また、クリエイティブはユーザーの「行動を促すフック」として重要な役割を担っています。配信効果を高めていくには、このフックとなるクリエイティブを磨いていくことが不可欠です。

 コミュニケーションアプリである「LINE」は、家族や友人とのトークからLINE NEWS、LINE VOOMのコンテンツまで幅広い情報が流れています。ユーザーの指を止めるには、パッと目に入るクリエイティブを用いることが重要です。

LINE広告の配信面の一部

※LINE広告の配信面は選択できません

MZ:なるほど。ではLINE広告に出稿する事業者は、クリエイティブの制作に関してどのような課題を抱えているのでしょうか。

相樂:まずはユーザーに響くクリエイティブのポイントがどんなものか、把握できていないという課題が挙げられます。

 また、クリエイティブの効果を検証する以前の問題として、「どのフォーマットなら入稿できるのか」「画像のサイズは?」「どの面に配信されるのか」「どんな見え方になるのか」など媒体規定についてお悩みのケースもあるように思います。ですので、私たちが外部に広く公開するクリエイティブの資料も、配信イメージや配信面の特徴をしっかり伝えるようにしています。

成果を高めるクリエイティブの具体例

MZ:では実際に、ユーザーに響くクリエイティブのポイントについて教えてください。

相樂:まずおさえてほしいのが、LINE広告は同じクリエイティブフォーマットであっても、様々な面に出るという特徴です。たとえば1080×1080の正方形のクリエイティブはLINE NEWSの記事の合間に配信されたり、LINE VOOMに配信されたりします。

 これを前提に、初めに静止画クリエイティブのポイントを紹介します。最も重要なのは、画像のなかに要素を詰め込みすぎないことです。商品の画像だけを使い、「初回限定で○○円」や「お得なキャンペーン」といった情報はタイトル(テキスト)で説明する。画像に要素を詰め込みすぎると、特にトークリストのような小さな表示では見づらくなるので、視認性を良くすることが重要です。

MZ:なるほど。視認性の確保という観点から、どのようなクリエイティブが効果的なのか具体例を紹介してください。

相樂:LINE広告の最新トレンドからいくつか紹介します。まず、不動産のクリエイティブを例に見てみましょう。下記のクリエイティブは、間取り図以外何の要素もありませんが、小さくても一目で「間取り図=不動産情報」だとイメージできます。

※実際のクリエイティブを参考に、傾向を一般化した内容となります
※紹介している内容は配信効果及び審査通過を保証する内容ではございませんので、ご注意ください

相樂:さらにクリエイティブの横に「横浜の新着新築一戸建て」というタイトルがあります。このように小さな配信面であっても、何の広告か一目でわかるようなクリエイティブで興味を引き、タイトルで情報を補足することで、ユーザーへの訴求力を強めることが可能です。

 もう1つは人材採用の例で、シンプルに「月収◯◯万円」と表示している広告です。求人情報を探しているユーザーにとって気になるキーワードを用いることで目に入りやすくなり、ターゲットを絞った効果的な訴求が期待できます。

※実際のクリエイティブを参考に、傾向を一般化した内容となります
※紹介している内容は配信効果及び審査通過を保証する内容ではございませんので、ご注意ください

相樂:これを「自分ごと化」と呼んでいるのですが、このパターンはLINE広告とも親和性が高く、業種を問わず効果的です。人材業界以外の訴求の例としては、「東京都にお住まいの方必見」や「20代に今人気のゲームはこれ」のようなパターンですね。自分の属性に当てはまる情報はユーザーの興味関心を喚起しやすいので、ターゲットをあえて限定したタイトルで引きを作る方法はおすすめしています。

次のページ
「UGC風」やお得感のある「クーポン風」も効果的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
LINE広告活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/31 11:00 https://markezine.jp/article/detail/38316

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング