SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』(PR)

あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話 定期誌『MarkeZine』第75号で特集

 MarkeZine編集部では、定期誌『MarkeZine』第75号(2022年3月号)を刊行しました。特集は「あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話」。新年度が始まったこの時期に考えたいマーケターとしての今後について、マーケティング業界で活躍する方々がどのように考え実践してきたのかをうかがいました。先輩たちの言葉が、皆さんにとって指針の1つとなれば幸いです。

 こんにちは。MarkeZine編集部のまつざきです。定期誌『MarkeZine』75号では、「あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話」をテーマに特集を組みました。

 社内外でなにかと変化の多い春。心機一転、自分の中で目標を立て直したり、今後のキャリアについて考えるきっかけがあったりする方もきっと多いのではないかと思います。そんな方々へ、業界にいる先輩たちにちょっとキャリアの相談をするような気持ちで読んでいただける特集をお届けしたいと思い、特集の中身を考えました。

 インタビューにご協力いただいたのは、次の4名のマーケターのみなさんです。それぞれ、キャリアのバックグラウンドや現在の立ち位置が異なるお立場から、「スキルアップとキャリアを考える際に、マーケターが持っておくべきマインド」について、語っていただきました。

 1人目は、Facebook Japanで執行役員としてマーケティングサイエンスを統括している中村淳一さんです。約15年在籍したP&Gで様々な有名ブランドを手掛けた後、2017年にFacebook Japanに転職された中村さんは、常に「自分がどれだけ成長できるか」を基軸に、自身のキャリアを選択してきたのだそうです。特集の中では、その「成長」を深掘りしたインタビューの内容をお届けしています。

 2人目は、ユーザーライク 取締役 CMOの戸口興さん。学生時代から複数のスタートアップで経験を積み、2018年からお花の定期便サービス「bloomee(ブルーミー)」のグロースを率いている戸口さんは、コンサルティングで入っているStrategy Partners 代表取締役 兼 M-Force 共同創業者の西口一希さんなど、マーケティング業界の重鎮たちの側で学ぶ日々を送られています。大先輩の姿を見ながら、いま戸口さんはどんなことを考えているのか? インタビューで詳しく伺ってきました。

 さらに、リコー グラフィックコミュニケーションズデジタルサービス事業センター 企画推進グループの今村綾子さんには、BtoBマーケターとしての成長と仕事の魅力について。ベストインクラスプロデューサーズ 代表取締役社長/IDOM CaaS Technology 取締役社長 マーケティング責任者の菅恭一さんには、事業会社と支援会社の2社でマーケティングに従事しているお立場から、双方に求められるマーケターのスキルとマインドについてお話を聞きました。マーケターがキャリアを考える際に大きな割合を占める「事業会社と支援会社間の転職」について、とても参考になる記事になっていると思います。

 そして、特集の後半では8名のマーケターのみなさんにご協力いただき、「マーケターとしての仕事の向き合い方」と「自身の学びに繋がったおすすめの1冊」を紹介するコメント企画を展開。こちらにも刺激を受けるようなコメントがたくさんあるので、ぜひ隅々まで読んでいただきたいです。

定期誌をチェックする

担当編集 松崎 美紗子(マツザキ ミサコ)

早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。MarkeZine編集部に入り、横文字だらけのデジタルマーケティングの世界へ。右も左もわからぬまま、優しいマーケターの皆様に取材で様々なことを教えていただき、なんとか5年目を迎えました。まだまだ日々勉強中です。

目次

Insight

NewsPicksが抱えていた「解約率」問題を解決 CSO 杉野氏が取り組んだ2つのこと
ニューズピックス 杉野 幹人

Feature あのマーケターに聞きたい、スキルアップとキャリアの話

ビジネス結果にこだわり「自分の型」を作る。Meta中村さん流・マーケターキャリアの築き方
Facebook Japan 中村 淳一

業界重鎮の側で学び、激動の日々をチームで乗り越え──ユーザーライク戸口さんのキャリア現在地
ユーザーライク 戸口 興

数字が見えるとおもしろさが一気に増していく。BtoBマーケターの成長と仕事の魅力
リコー 今村 綾子

サブスクモデルが急成長!ダイヤモンド・山口編集長に聞く、メディアの有料モデルを成功させる秘訣
ダイヤモンド社 山口 圭介

支援会社と事業会社、双方に求められるマーケターのスキルとマインド
ベストインクラスプロデューサーズ/ IDOM CaaS Technology 菅 恭一

業界の先輩8名に聞く、マーケターとしての仕事との向き合い方
GumGum Japan 若栗 直和/電通 越智 一仁/博報堂 増田 昌弘/Peecan 鋤柄 直哉/プレイド 川久保 岳彦/ Marketing Demo 石井 賢介/ユートラスト 大前 宏輔/良品計画 篠原 佳名子

マーケターの学びの1 冊

Column

【idea Lab.】
コロナ禍で成長/衰退した企業、明暗を分けた要因とは 『マーケティング最新動向調査 2022』より

【業界最新動向】
電通ら4 社がブロックチェーン技術を活用した広告販売の実証実験へ

【データで読み解く】
急拡大のVR 市場。「VRデバイス」保有者の特徴、利用目的の変化とは?
マクロミル 石丸 悠太郎

【BtoBマーケティングの開拓者たち】
初めてのマス広告出稿、そのポイントは?
木村 元×SUPER STUDIO 花岡 宏明

【生活者データバンク】
新鮮な生活者の記憶をマーケティングに活用
リサーチ・アンド・イノベーション 松岡 滉一

【米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』】
Microsoftの「新ウォールド・ガーデン」 7.6兆円のゲーム企業買収にある思惑
ベストインクラスプロデューサーズ 榮枝 洋文

定期誌『MarkeZine』とは?

定期誌『MarkeZine』

定期誌『MarkeZine』は1年間の定期購読で、毎月1冊、トレンドテーマの特集を中心にマーケティング業界の潮流や識者が注目するトピックを解説しています。

  • 先進的な企業の経営判断を追体験できる
  • 競合企業の事例やキーパーソンの考え方がわかる
  • マーケターが実務で成果を出せるノウハウを学べる

定期誌を詳しく知りたい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松崎 美紗子(編集部)(マツザキ ミサコ)

1995年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、新卒で翔泳社に入社。新入社員として、日々奮闘中です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/21 11:17 https://markezine.jp/article/detail/38648

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング