SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルシフト、CX改善第の一歩を支援するデータ統合・データ可視化環境構築パッケージの提供を開始

 デジタルシフトは、CX(顧客体験)改善の第一歩を支援し、データ統合とデータ可視化を実現する環境構築パッケージサービス「CX BASE(よみ:シーエックスベース)」の提供を開始した。

 同社はこれまで培ったCRM運用・BI構築および活用支援の支援ライ性をもとにデータ環境の構築。またその後のデータコンサルティング支援を行っていく。

 先んじてアイウエアブランド「JINS(ジンズ)」で実施。顧客体験の向上を目的に、CDPの導入による統合データ基盤の構築とCRMを活用したデータ分析、顧客のロイヤルティを瞬時に可視化できるダッシュボードの構築、CDPを活用したデータコンサルティングまで支援した。

 具体的な支援事例は以下の通り。

1.統合データ基盤の構築(CDPの導入)
システムに散在しているデータの収集・設計・加工などを統合

2.統合データの分析(CRM活用)
集約したデータを分析し、顧客属性や行動データをもとにしたコミュニケーション戦略の策定・実行

3.データ可視化環境の構築(BI構築データの可視化)
マーケティング施策のPDCAを行えるよう、売上や会員数などの顧客属性やアプリ内行動を可視化するダッシュボードを構築

4.CDPを活用したデータコンサルティング支援(機械学習活用とマーケティング施策のPDCA)
BigQueryの機械学習を利用した顧客像の可視化を行うとともに、マーケティング施策を分析し、売上予測モデルを構築

【関連記事】
コネクトム、役員体制を変更 デジタルホールディングスの奥田知広氏が代表取締役社長に就任
オプトホールディングが商号を「デジタルホールディングス」に変更 主事業をデジタルシフト事業へ
オプト、ギグセールスと協業 オンライン集客から商談機会の創出までを支援するサービスの提供を開始
オプトの統合データ活用プラットフォーム、Googleの「拡張コンバージョン API」に対応
オプト、統計学を用いた広告評価ツール「Geo Analysis」を開発 オフライン広告の分析も可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/03/31 14:45 https://markezine.jp/article/detail/38689

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング