SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプトの統合データ活用プラットフォーム、Googleの「拡張コンバージョン API」に対応

 オプトは、同社の統合データ活用プラットフォーム「ONE's Data(ワンズデータ)」において、Googleが提供する「拡張コンバージョンAPI」への対応を開始した。

 「拡張コンバージョンAPI」とは、Googleが提供するユーザーのプライバシーを保護し、適切に許諾を得たファーストパーティデータをマーケティング活動に有効活用するためのソリューションだ。同ソリューションの活用により、ファーストパーティデータを用いたユーザー情報が加わり、広告成果の最適化や、配信精度の向上などが期待できる。

 今回「ONE’s Data」で「拡張コンバージョンAPI」の対応が開始されたことで、導入企業は計測データ量の増加と広告効果の改善が期待できる。また、許諾済みのユーザーデータがコンバージョンページ以外(入力フォーム後の確認ページなど)に出力されていれば、サイト改修なしで「拡張コンバージョンAPI」の導入が可能になる。そして、アップデート時の接続開発などの追加作業も発生しない。

ONE’s Dataで「拡張コンバージョンAPI」を導入するメリット

【関連記事】
オプト、統計学を用いた広告評価ツール「Geo Analysis」を開発 オフライン広告の分析も可能
オプトとイルグルム、D2C向け広告運用支援を開始 LTV予測に基づくプランニングと広告配信をサポート
オプト、統合データ活用プラットフォームサービスを開始 企業のCookieレス対応を支援
LINEとオプトデジタル、DX推進のための体制構築に合意 LINE API活用で各産業の事業開発支援
オプト、販路のデジタルシフトをワンストップで支援する「ECパートナーサービス」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/25 17:15 https://markezine.jp/article/detail/37625

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング