SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂プロダクツ、ビジュアル化によってマーケティングコミュニケーションを変革するVXサイトを開始

 博報堂プロダクツは、ビジュアル化(視覚体験化)によってマーケティングコミュニケーションを変革する、VX(ビジュアル・トランスフォーメーション)に関する情報を集約したサイト「Visual Transformation by PRODUCT‘S」を公開した。

 同サイトでは、VXのロゴデザインと連動し、VXを構成する6つの事業本部、約60の職種(スキル)などを、上方に昇っていくブロックに見立て、それらが互いに重なり合い、相乗効果を生み出すイメージをアニメーションで表現。VXの世界観と期待感を醸成し、それぞれのコンテンツを魅力的に伝えるサイトデザインとなっている。

Visual Transformation by PRODUCT‘Sサイト
Visual Transformation by PRODUCT‘Sサイト

 VXとは、制作領域における視覚体験化によるマーケティングコミュニケーションを変革する取り組みを指す。VXでは、撮影テック、ライブテック、エクスペリエンス、プロダクションDX、運用・UX、コンテンツソリューション、CG・VFX、AI、業種別ソリューションと9つのカテゴリーを軸に様々なサービスやソリューションを開発・提供する。

【関連記事】
博報堂プロダクツ、動画運用の知見やTigのデータを活用する「Tig動画エキスパート」を開始
博報堂プロダクツら10社、SI開発専門組織「博報堂プロダクツテクノロジーズ東北」設立
博報堂プロダクツとSTRATACACHE、リアル店舗の買物体験向上を実現するソリューションを展開
博報堂プロダクツ、既存サイトに組み込み可能な「インテリアのAR試し置きサービス」提供
博報堂プロダクツとセキュア、リテールDX コンソーシアム・ラボを発足 第1弾として無人店舗を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/11 16:15 https://markezine.jp/article/detail/38766

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング