SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

特集:リテール最新動向

半歩先の進化が、より良い顧客体験に ユナイテッドアローズのEC・アプリのリニューアルから学ぶべきこと

 2022年3月、セレクトショップを展開するユナイテッドアローズは自社オンラインストア並びにスマートフォンアプリのリニューアルを行った。本記事では、同社の藤原義昭氏にリニューアルの詳細や先に見据える顧客体験の形を聞いた模様をお届けする。

※本記事は、2022年4月25日刊行の定期誌『MarkeZine』76号に掲載したものです。

ECになければいけない機能のベースを整える

株式会社ユナイテッドアローズ 執行役員CDO
マーケティング本部 本部長 藤原義昭(ふじはら・よしあき)氏

 1974年名古屋生まれ。大学卒業後、リユース大手企業に入社、同社での最終役職は執行役員マーケティング統括部長。2021年4月の当社入社後は、執行役員CDO DX推進センター担当本部長として、自社ECサイトのリプレイス、商品管理システムの刷新など、競争優位性や業務生産性を固めるDX戦略を推進している。2022年4月より現職。

──今回オンラインストアのリニューアルを行うにあたり、意識していた点を教えてください。

 今回のオンラインストアのリニューアルは、コロナ前から予定していました。基盤となるシステムが古くなっており、オムニチャネルやOMO、スマホ中心の購買体験を見据えて様々な改善が必要だったためです。

 そして、リニューアルで意識していたのは、店舗用とオンライン用で分かれていた在庫を共通化することです。これまでの在庫の持ち方だと、店舗用をオンライン用に移すなどの作業が発生し、発送に時間を要するケースが起きていました。しかし、今回のリニューアルで共通在庫を実現することで、最短で翌日の発送を可能にしました。

 また、在庫を共通化することで、店舗も在庫を極力持たないようにしつつ、売り切れが発生したらすぐに取り寄せできるので、在庫効率も良くなります。

──リニューアルと聞くと、ついお客様向けの機能に目が行ってしまいますが、裏側の在庫の部分が重要だったんですね。

 そうですね。お客様に見える要素に関しては、むしろ大きく変更しないことを意識していました。様々なものをECで購入するのが当たり前になっている中で、独自性の高い機能を提供しても逆に買いにくくなってしまい、余計な離脱を生み出してしまいます。

 そのため、アパレルのECとしてなければならない機能を一通り揃え、全体的に改善を加えてベースを引き上げることがECのリニューアルでは重要だと思います。たとえば、今回のリニューアルではページの表示スピードの速さにこだわりました。データを見て検証しながら、画像の表示方法やUIを改善し、リニューアル前に比べると体感値にはなりますが約1.7倍の表示速度になりました。

この記事はプレミアム記事(有料)です。
法人向け購読はこちら 個人向け購読はこちら

定期誌『MarkeZine』購読者の方はこちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
アプリを通じてコミュニティを形成する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
特集:リテール最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/26 10:37 https://markezine.jp/article/detail/38806

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング