SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウォルマート、世界の小売業1位を譲らず/JD.comが中国企業初の10位内【デロイト トーマツ調査】

 デロイト トーマツ グループは、Global Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2022」を発表した。同レポートは、全世界の小売企業から2020年度(2021年6月30日までを期末とする事業年度)の売上高上位250社のランキングを地域別、商品セクター別に分析。以下、一部を紹介する。

 今回の調査結果の、上位250社の総小売り売上高は5兆1,000億米ドル(前年度は4兆8,500億米ドル)、平均小売り売上高は204億米ドル(前年度は194億米ドル)であった。2015年度から2020年度における小売り売上高の年平均成長率は4.7%に。

 上位10社の内、トップ4社は前年から順位に変化はなく、1位のWalmartに続き、Amazon.comが2位となった。一方、中国で大手ECサイトを運営するJD.comが昨年より順位を4つ上げ、中国企業として初めてトップ10入りを果たした。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

 今回、日本企業でトップ250入りした企業数は昨年より1社増の29社で、最上位は14位にランクインしたイオンであった。また今回、上新電機が初めて241位にランクインを果たした。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

【関連記事】
デロイト デジタル、国内外のブランデッドムービーを表彰するアワードを新設 受賞者とのコラボも検討
約6割の広告主がデジタル広告不正を認知するも、内容を理解する人は半数以下【デロイト トーマツ調査】
セールスフォース・ドットコムとデロイトトーマツ、全20週に渡る本格的なCRMトレーニングを無料で提供
デロイト トーマツ、AIに関する研究組織を設立 所長に森正弥氏が就任
ソニーデザインコンサルティングとデロイトアナリティクス、「デザイン」認知プロセスの研究を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/24 17:00 https://markezine.jp/article/detail/39071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング