SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ヒットの裏にマーケあり

YouTubeチャンネル登録者数50万人超の石井亜美さんに聞く、親しみやすいコンテンツ作りの裏側


 数々のヒット作の裏側には、どのようなマーケティングが潜んでいるのか――。デジタルマーケティングのコンサルティングでこれまで1,500社を超える企業を支援してきたナイル。その代表で起業家の高橋飛翔が、各界の著名人と対談を行い、ヒットの裏に隠されたマーケティングを深掘りしていく連載企画。ゲストはモデルで動画クリエイターの石井亜美さん。「日本一親しみやすいモデル」として活躍する一方で、チャンネル登録者数50万人超えの人気YouTuberとしての地位も築いた秘策について伺いました。

活躍の条件は、クライアントのイメージに合致すること

高橋飛翔(以下、高橋):石井さんはモデルとしてご活躍されていますが、今のポジションに到達するためにどのような戦略があったのかお聞きしたいです。

石井亜美さん(以下、石井):モデルという職業は、クライアントが行うオーディションを受けて仕事を獲得していくのが一般的なのですが、それがすごく狭き門なんですね。

 そもそもオーディションを受けるのも簡単ではなくて、事務所内で案件に合う方が選ばれてやっとオーディションを受けられる。仕事のチャンス自体がなかなか回ってこないというのが現実です。私の場合、21歳からモデルの仕事を始めて、モデルだけで生計を立てられるようになったのは28歳になってからです。

石井亜美さん写真

石井 亜美(いしい・あみ)

 1989年生まれ。東京都出身。サトルジャパン所属モデル。

 「日本一親しみやすいモデル」として雑誌やCMで活躍するかたわら、美容関連の動画クリエイターとしてYouTubeチャンネルも開設。チャンネル登録者数は49万人以上。2020年に上梓した初の著書『日本一親しみやすいモデルが教える 太らない体のつくり方』(KADOKAWA)は、発売から1週間足らずで重版が決まったほど話題となった。

高橋:想像以上に厳しい世界なんですね。モデルになるための切符を手に入れるのも大変な中で、どのようにして生計を立てられるほどの状況を作ってきたのでしょうか?

石井:モデルのオーディションに受かるには、クライアントさんが求めるイメージにマッチしていることが絶対条件です。たとえば「背が高いとスタイルが良すぎて、自社商品のイメージに合わないから」落ちるオーディションもあります。さらに商品の広告の場合、飲料ならおいしそうに飲めるなど、購買層にアピールできる表現力も大切になります。

 そのため、オーディション後は毎回「振り返りノート」で結果と併せて分析して、次のオーディションに活かしていました。

「振り返りノート」でオーディションの傾向を把握

高橋:分析は大切ですね。「振り返りノート」にはどのようなことを書いていたのでしょうか?

石井:日時と天候、クライアントさんの企業名、商品といった基本情報の他、当日の服装や参加者の人数、会場の設営やオーディションの内容、質疑応答でどのような回答をしたかなども細かく書いていました。その上で、企業が何を求めていたのか、モデルとしてはどうすればよかったのかという反省をメモに残していました。

 そのおかげで、情報が積み重なるにつれ、オーディションの前に見返すことで傾向がつかめたり、オーディションの状況がイメージしやすくなったりしたのはよかったですね。

 あと、私が受かるオーディションは10分以上話す機会があったものが多くて、自分のキャラクターを出せるオーディションが合っていることもわかりました。それからは、突然質問されてうっかり素が出てもポジティブな意見が言えるように、日常の思考から意識して変えていきました。

マーケあり!ポイント

・石井さんはオーディションを受ける中で、クライアントがどのようにしてモデルを選ぶのか、クライアントは何を求めているのかを分析し、自分の強みを鑑みてどのようにアピールすれば選ばれるのか試行錯誤を繰り返すオーディション対策をしてきました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
直接指名されるために始めたYouTube

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ヒットの裏にマーケあり連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 飛翔(タカハシ ヒショウ)

 1985年生まれ。東京大学法学部卒。大学在学中にナイルを創業。 ナイルにて、累計1,500社以上の法人支援実績を持つデジタルマーケティング支援事業や自社メディア事業を発足し「ナイルのマーケティング相談室」「ナイルのコンテンツ相談室」などを運営。2018年より新規事業として月10,000円台でマイカーが持てる「おトクにマイカー 定額カルモくん」をローンチ。自動車産業における新たな事業モデルの構築に取り組んでいる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/28 11:47 https://markezine.jp/article/detail/39250

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング