SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

コネクテッドTVの現在地と展望

出稿前に知っておきたい、コネクテッドTV広告実施時のポイントまとめ

 日本国内でも注目度が高まる「コネクテッドTV(以下、CTV)」の現在と展望についてお届けしている本連載。第2回のテーマは、「CTV広告実施時のポイント」です。CTV広告を実施する際に押さえておくべきポイントについて、オプトの事例を交えながらお伝えします。

最も多い実施目的は「テレビCMのリーチ補完」

 前回の第1回の記事では、CTV広告市場の全容と期待されるマーケティング価値について紹介しました。今回は実際にCTV広告が活用されている目的、予算配分やクリエイティブの考え方、直近の実態についてお伝えしたいと思います。

 まず、CTV広告の実施目的として最も多いのが「テレビCMのリーチ補完」です。その他の効果を期待している広告主様もいますが、「インターネットを通じてテレビデバイスへ広告配信する」というCTV広告の特性から、弊社のお取引においては「テレビCMのリーチ補完」を目的に広告出稿を検討される広告主様が多い印象です。

 多くの広告主様が「テレビCMにおけるリーチの頭打ち」に対し課題を感じていると思います。そして、これまではWebの動画広告がその解決策として重宝されてきました。そこにCTV広告が登場したことで、新たなリーチ補完の手段として期待が寄せられています。

 テレビ画面に対する注視度(どれだけのユーザーが実際に画面を見ているか)を計測し、“視聴の質”を加味したリーチ計測を行っているTVISION INSIGHTSによると、テレビCMとCTV広告(YouTube広告をテレビデバイスで視聴している方)を比較した結果、テレビCM視聴時よりCTV広告視聴時のほうが、20%ほど注視度が高かったというレポートも存在します。

テレビ視聴とYouTube on TV(YouTubeをテレビで視聴すること)の注視度
テレビ視聴とYouTube on TV(YouTubeをテレビで視聴すること)の注視度

指名検索増加を目的に出稿するのも効果的

 指名検索数の増加を目的として出稿するケースもあります。テレビCMでリーチできない層にCTV広告でリーチを図り、ながら視聴でWeb検索のアクションを誘引するという狙いです。

 第1回でもお伝えした通り、CTVを視聴しながらスマホで検索、という行動は一般化しており、弊社の自主調査(2022年3月、2,000人を対象に調査)では85%の方が『テレビ画面を視聴中に検索することがある』と回答しています。TwitterやInstagramなどのSNSで検索する方も多く、アンケートに回答した20代の約半数がSNS検索を行っています。

“ながら視聴検索”の実態(オプト『コネクテッドTV利用実態調査』)
“ながら視聴検索”の実態(オプト『コネクテッドTV利用実態調査』)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
CTV広告の適切な予算配分とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
コネクテッドTVの現在地と展望連載記事一覧
この記事の著者

中村 駿介(ナカムラ シュンスケ)

株式会社オプト プランニング領域統括 兼 コミュニケーションデザイン部 部長  2015年オプトに入社。コミュニケーションプランナーとして、“テクノロジーとクリエイティビティの融合から生まれる持続的なコミュニケーション”をテーマに活動。2021年より、ストラテジー、クリエイティブ、メディアを包括する...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/25 09:00 https://markezine.jp/article/detail/39425

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング