SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中小企業の担当者が注目するワード、上位は「AI」「SDGs」「カーボンニュートラル」/朝日広告社調査

 朝日広告社は全国の中小企業・スタートアップ企業の経営者または従業員882人を対象に、トレンドとなっているビジネスキーワードやマーケティング課題を調査した。

注目するキーワード、1位は「AI」に

 注目しているビジネスキーワードを聞いたところ「AI(人工知能)」が1位にランクイン。2位は「SDGs(32.3%)」3位は「カーボンニュートラル(20.9%)」だった。

ビジネスキーワード注目度ランキング
ビジネスキーワード注目度ランキング

「新規顧客の獲得」を課題視

 業務を推進する上でのマーケティング課題を調査。トップは「新規顧客の開拓」で44.3%という結果に。2位以降に「商品・サービスの新規開発(26.9%)」「デジタルスキルの向上(26.5%)」が続いた。

マーケティング課題に関する調査結果【クリック/タップで拡大】

 「新規顧客の獲得」を課題と考える理由として「コロナ禍で新規顧客が減っているから」「コロナ禍で1件あたりの取引額が減少しているため」などが挙がった。

業種によって課題感の差が浮き彫りに

 マーケティング課題を業種別で整理した結果、どの業種においても課題のトップは「新規顧客の獲得」に。ただし「卸売業」においては52.5%だったのに対し「製造業」では36.5%に留まるなど、業種によって差が生まれた。

マーケティング課題ランキング(業種別)
マーケティング課題ランキング(業種別)

役職別のマーケティング課題に大きな差はなし

 マーケティング課題を役職別でも整理した結果、どの立場でも「新規顧客の獲得」が課題のトップに入った。しかし、役員以上の経営層では49.0%であるのに対し、一般社員においては37.5%で10pt以上の差がつく結果に。

マーケティング課題ランキング(役職者別)
マーケティング課題ランキング(役職者別)

 2~5位のマーケティング課題には「商品・サービスの新規開発」「顧客の管理・育成」「顧客・ターゲットの理解」「社内コミュニケーションの発信」「デジタルスキル向上」がランクイン。順位は異なるものの、どの役職においても同様の傾向が見られた。

【調査概要】
対象:中小企業経営者または勤務者800人とスタートアップ企業の経営者または勤務者82人の計882人
手法:インターネット調査
時期:2022年6月30日(木)~2022年7月4日(月)

【関連記事】
海外BtoBビジネスの実態、年間売上高「20億円以上」が2割強【ペイオニア・ジャパン調査】
1位は丸⻲製麺/2022年の顧客体験価値ランキング【C Space Tokyo調査】
「SDGs」の認知度は9割超え/最も興味の高いゴールは「すべての人に健康と福祉を」【LINE調査】
BtoBサイト評価1位はオムロン、医療用医薬品分野のサイトも躍進【BtoBサイト調査2022】
世界で愛されるブランド、1位はアシックスに ランキング圏外から大躍進【Talkwalker調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/21 14:45 https://markezine.jp/article/detail/39463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング