SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

アジャイルマーケターの挑戦(PR)

なぜスタートアップはBrazeを選ぶのか? アソビュー、トリビュー、NearMeの活用事例と導入効果

 短期間で大きなビジネスグロースを追求するスタートアップ企業において、マーケティングのスピード感は大きな鍵を握る。アソビュー、トリビュー、NearMe(以下、ニアミー)の3社は、顧客エンゲージメントツール「Braze」の導入で、スピードとインパクトを両立したマーケティングを実践しているという。本記事では3社のマーケティング担当者とBrazeの初期導入支援の担当者を交え、Brazeの導入効果のほか、スピーディな施策展開と顧客エンゲージメント向上の秘訣を聞いた。

Braze活用で成長を加速したスタートアップ3社

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは、皆様が所属する企業の事業概要と、その中で担われているミッションについて伺えますか。

真弓(ニアミー):当社では移動の課題解決にフォーカスし、タクシーを使った移動のシェアサービス「スマートシャトル」を提供しています。私のミッションは、事業開発とマーケティングの責任者として事業グロースを追求することです。

ニアミー マーケティング&事業開発 ディレクター 真弓聖悟氏
ニアミー マーケティング&事業開発 ディレクター 真弓聖悟氏

大西(トリビュー):当社は美容医療の口コミ・予約サービス「トリビュー」を運営しています。美容医療とは美容領域の自由診療のことです。ユーザーは美容外科・美容皮膚科・審美歯科の分野において「体験者の口コミ検索」「施術検索」「価格比較」「クリニック検索」「オンライン相談・予約」をトリビュー上で完結できます。私は2021年に1人目のマーケティング担当者として入社し、事業グロースや新規顧客獲得のマーケティング、PRなど複数の役割を担っています。

トリビュー マーケティング 部長 大西正太氏
トリビュー マーケティング 部長 大西正太氏

岡村(アソビュー):当社は週末の便利でお得な遊び予約サイト「アソビュー!」や、観光・レジャー・文化施設様向けDX推進SaaS「ウラカタ」シリーズを展開しています。全国約9,000店舗の事業者と提携し、国内の遊び・体験プログラムを約600ジャンル・約26,000プラン紹介している点がアソビュー!の特徴です。私はアソビュー!のマーケティング担当者として、主に新規会員の獲得施策や既存会員向けのCRM施策を行っています。

アソビュー マーケットプレイスカンパニー サービスマネージャー 岡村健氏
アソビュー マーケットプレイスカンパニー サービスマネージャー 岡村健氏

太田(Braze):私は統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」の初期導入支援担当者として、お客様が実現されたい施策をヒアリングしながらプラットフォームの導入とオンボーディングをサポートしています。

Braze プリンシパルカスタマーオンボーディングマネージャー 太田潤子氏
Braze プリンシパルカスタマーオンボーディングマネージャー 太田潤子氏

グロースマーケティングにおけるCRMの重要性

MZ:スタートアップ企業では、大きな成長を短期間で実現することが求められると思います。そんなスタートアップ企業でマーケティング業務を担われる皆様に、CRMの重要性をお聞きしたいです。

真弓(ニアミー):事業グロースのためには、ユーザーに高い頻度でサービスを利用いただく必要があります。高頻度で利用してくださるファンになっていただくためには、1to1のコミュニケーションが不可欠。CRMは非常に重要と言えます。当社の事業は移動のサービスなので、ユーザーが動いた“適切なタイミング”で最適なコミュニケーションを取ることがCRMの大きなポイントです。

大西(トリビュー):当社の事業をグロースさせるにあたり、肝となるのはクリニックへの送客です。ユーザーの獲得だけでなく、クリニックでの予約・施術までつなげるために、CRMは重要だと考えています。以前は新規獲得に力を入れていたのですが、CRMに注力してからリピーターによる予約率が2倍に増え、全体での予約率も2.5倍に。CRMの重要性を数字でも実感しているところです。

岡村(アソビュー):私たちのようなスタートアップ企業は、限られたリソースで早い成長が求められます。当社でも初期フェーズは新規顧客の獲得施策に注力していましたが、ここ数年は継続的にサービスを利用いただくためのリピート施策を強化しており、CRMの重要性を感じています。

 アソビュー!では遊園地や水族館といった定番おでかけスポットだけでなく、カラオケなどのエンタメを含めた多様な商品を扱っています。また、とっておきの旅行やレジャーから週末のおでかけまで、ゲストの求める遊びも様々です。事業グロースのためには、商品とゲストをいかに適切にマッチングするかが鍵となります。

次のページ
リアルタイム性と圧倒的なコストパフォーマンスの高さが導入の決め手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アジャイルマーケターの挑戦連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡田 果子(オカダ カコ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/30 10:30 https://markezine.jp/article/detail/39862

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング