SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メタバースが「過度な期待」ピーク期に Gartner、2022年版テクノロジのハイプ・サイクル発表 

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年

 同ハイプ・サイクルは日本に特化した2022年版のものであり、インフラを中心とする36のテクノロジやトレンドとなるキーワードを取り上げている。また新たにメタバース、自律分散型組織、都市型エア・モビリティ、デジタル・ヒューマン、ソフトウェア定義型自動車の5項目を追加。メタバースとともに現在注目が高まるNFT(非代替性トークン)とWeb3も、「過度な期待」のピーク期に位置付けられている。

 ハイプ・サイクルとは、イノベーションが過度にもてはやされる期間を経て幻滅期を迎え、最終的に市場や分野でその重要性・役割が理解され進化する共通のパターンを描いたもの。

【関連記事】
【アンケート回答募集】全員に速報版レポート謹呈!抽選で20名に5,000円ギフト券が当たる
企業の53%が「他社との競争が厳しくなっている」と回答【ガートナー調査】
ガートナー、「改正個人情報保護法」施行に向けて企業が取り組むべきアクションを発表
CXの取り組み状況、進行中・稼働済みの企業は10.2%に【ガートナー調査】
ガートナー、2021年のIT支出成長率を2.6%と予測 教育、政府官公庁/地方自治体で高成長の見込み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/26 17:15 https://markezine.jp/article/detail/39865

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング