SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH

MA、CRM…企業はどんなツールを導入している?【最新アンケート調査にもご参加ください!】

 MarkeZineの調査プロジェクト「MarkeZine Reserach(マーケジン リサーチ)」の一環として、マーケティングに関するアンケート調査を開始しました。読者の皆さんからお声を募るとともに、本稿では昨年の調査よりツール導入の状況についてご紹介します。

マーケティング最新動向調査を開始!

 MarkeZineでは、2019年より毎年、マーケティングの最新動向を探るためのアンケート調査を実施しています

 日本のマーケティングの最前線に立つMarkeZine読者の皆さまのお声を調査・分析し、その結果をwebや定期誌の記事、より詳細な調査資料でご共有していきたいと思います。ぜひ、アンケート調査にご協力いただけますと幸いです。

 『マーケティングの課題とデジタル活用に関するアンケート調査』

 ・実施期間:2022年8月22日~9月30日

 ・回答はこちらから!

 ・回答者特典

  希望者全員:調査資料刊行前に調査サマリー(PDF版)をご提供

  抽選で20名様:Amazonギフト券5,000円分をプレゼント

 ※1.本調査は【株式会社翔泳社】による提供です。本調査についてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。support@markezine.jpまでお願いいたします。

 ※2. AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

調査に見る企業のツール導入率

 ここからは2021年の調査結果(『マーケティング最新動向調査 2022』に収録)から、企業のツール導入について探りたいと思います。なお、グラフ中の製品名・企業名は調査開始(2021年8月)当時のものです。

売上規模によって変わるツール導入率

 MarkeZineではデジタルマーケティングの基盤となる主なツールの導入状況について、選択肢を示して複数回答でたずねました。結果、導入率が高いツールは「メール配信ツール」46.3%、「CRMツール」40.5%、「MA(マーケティングオートメーション)ツール」38.9%と続きました。

ツール導入率

 ツール導入率は売上規模によって顕著な差が見られます。たとえば、「プライベートDMP/CDP」の導入率について、全体回答では18.0%ですが、「1,000億円以上」の企業では31.9%と倍増します。また、全体の導入率が38.9%の「MAツール」も「500億円以上、1,000億円未満」の企業では50%を超えていることがわかりました。

ツール導入率(売上規模別)

 なお、「導入しているものはない」という回答は全体では21.4%で、約8割の企業が何らかのツールを導入しているようにも見られますが、「1億円未満」では「導入しているものはない」が40.2%と高い傾向にあり、中小企業におけるツール導入・活用は発展途上といえます。

どこのツールを使っている?

 次に、各ツールについて具体的な主要製品名を示して、導入状況をたずねました。

 「プライベートDMP/CDP」について、最も導入率が高い製品はセールスフォースの「Audeience Studio」21.2%でした。「Treasure Data CDP」13.0%、「Adobe Audience Manager」10.9%が続きました。一方、売上規模別に見ると「1,000億円以上」の企業では「Audeience Studio」と「Treasure Data CDP」の導入率が23.0%と同率であることがわかりました。

 他方、「わからない」の回答が40.2%と大半を占め、ブランド名や製品名を意識せずに使用しているユーザーの様子がうかがえます。

「プライベートDMP/CDP」の導入率(製品別)
クリックすると拡大します

 なお、「メール配信ツール」「カスタマーエンゲージメントツール」においても「わからない」が40%を超えており、使用されているものの、ブランドの認知はされていない傾向が見られました。「わからない」を除いた場合、「メール配信ツール」は利用している製品が広く分散していますが、ラクスの配配メールは8.8%と目立つ結果になっています。

「メール配信ツール」の導入率(製品別)
クリックすると拡大します

「カスタマーエンゲージメントツール」については、「Salesforce Interaction Studio」が23.5%、プレイドの「KARTE」14.7%、Reproの「Repro」7.4%が続きました。

 

「カスタマーエンゲージメントツール」の導入率(製品別)
クリックすると拡大します

 「MAツール」の導入率はセールスフォース「Pardot」31.2%、アドビ「Marketo Engage」13.6%、ハブスポット「HubSpot」13.3%と続いていました。売上規模別に見ると、「1億円未満」では「HubSpot」の導入率が31.8%と最も高く(「Pardot」4.5%、「Marketo Engage」13.6%)、それ以外の売上規模においては「Pardot」の導入率がそれぞれ最も高いことがわかりました。

「MAツール」の導入率(製品別)
クリックすると拡大します

 「CRMツール」については、セールスフォースの「Sales Cloud」が44.8%と突出しており、オラクル「Oracle Sales Cloud」5.5%、シナジーマーケティング「Synergy!」4.3%と続くことがわかりました。

「CRMツール」の導入率(製品別)
クリックすると拡大します

 みなさんの勤務先ではどのようなツールを導入していますか? また、製品名がパッと出てきますか? 同様の質問を今回のアンケートでもしておりますので、よろしければ、アンケートの回答フォームより教えていただけましたら幸いです。

 本アンケートの結果も皆さまにご共有できればと思いますが、アンケートにご協力いただいた方には、いち早く調査結果のサマリー(PDF)をお届けします!(お届けは12月を予定しております)

 本記事でご紹介した調査結果やグラフ画像を収録した資料集『マーケティング最新動向調査 2022』も好評発売中!
 アンケート調査の結果に加え、広告市場や消費者、主要プラットフォーマーといったマーケティングを取り巻く動向をまとめた全4章。御社の施策立案や次期計画のご参考に、社内教育にお役立ていただけましたら幸いです。

★資料集のサンプルや詳細は商品サイトでご確認いただけます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine RESEARCH(マーケジンリサーチ)

MarkeZineの記事会員約295,000名、メール会員約207,000名(2020年12月時点)という会員基盤と、取材・編集で培ってきたノウハウを活用し、専門メディアならではの中立・公平な調査結果やデータを広く提供していく調査プロジェクト。マーケティングに携わる多くの方々の声を集めて、現在の課題や今後のマーケティングの方向性などを明らかにするレポートを発表しています。https://markezine.jp/research/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/13 09:00 https://markezine.jp/article/detail/39965

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング