SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(AD)

ABEMA、TVer、FODの担当者が語るCTV広告の現在地【Japan App Summit】

 2022年10月、AdjustとLiftofftは独自調査の結果をまとめた「モバイルアプリトレンド 2022:日本版」をリリース。リリースにともない「Japan App Summit 2022」を開催した。「CTV広告最新トレンドと活用法」と題されたセッションには、OTTサービスの主要プレーヤーであるAbemaTV、TVer、フジテレビジョン(FOD)の3社が登壇。アプリマーケターに向けて、コネクテッドテレビの市場観と広告活用のポイントを語った。本稿ではその内容をレポートする。

コネクテッドテレビ広告の在庫量は拡大傾向

佐々(Adjust):「CTV広告の最新トレンドと活用法」というテーマの下、放送業界で新しい道を切り拓くお三方にお集まりいただきました。まずは簡単なご経歴と、現在担当されている業務についてお話しください。

Adjust ゼネラルマネージャー 佐々直紀氏
Adjust ゼネラルマネージャー 佐々直紀氏

綾瀬(AbemaTV):私は元々サイバーエージェントで「アメーバブログ」のマネタイズを担当していました。その後、AbemaTVに出向という形でジョインし、現在は「ABEMA」の動画広告を企画開発する立場にいます。

AbemaTV シニアプロダクトマネージャー 綾瀬⿓⼀氏
AbemaTV シニアプロダクトマネージャー 綾瀬⿓⼀氏

柴崎(TVer):私は2015年に入社した東急エージェンシーで、テレビバイイングの業務に従事していました。2019年にプレゼントキャスト(現TVer)へ出向し、マーケティングチームを経て2022年7月よりコネクテッドテレビに特化したチームのマネージャーを務めています。

TVer サービス事業本部 コネクテッドTVタスク タスクマネージャー 柴崎孝仁氏
TVer サービス事業本部 コネクテッドTVタスク タスクマネージャー 柴崎孝仁氏

野村(フジテレビジョン):私はNTTドコモでワンセグを担当していたご縁から、2012年にフジテレビジョンへ転職しました。現在は「FOD」の責任者を務めています。

フジテレビジョン ビジネスセンター事業部 部⻑職 PF担当 野村和⽣氏
フジテレビジョン ビジネスセンター事業部 部⻑職 PF担当 野村和⽣氏

佐々(Adjust):コネクテッドテレビとは「インターネットにつながっているテレビデバイス」のことです。皆様はそこに流れるストリーミングサービスやOTT(※)を仕掛けながら、放送業界を進化させていらっしゃいます。各社のサービスについて、最近の傾向とともに紹介いただけますか?

※Over The Topの略称。インターネット回線によってアクセスできるコンテンツ配信サービスを指す

綾瀬(AbemaTV):ABEMAは、2016年4月に本開局した動画配信サービスです。2022年で6周年を迎えましたが、最近では話題になった格闘技の大会「Yogibo presents THE MATCH 2022」をはじめ、サッカーのプレミアリーグやメジャーリーグといったライブコンテンツの放送や、オリジナルコンテンツの制作に力を入れています。

 コネクテッドテレビ広告の在庫量はここ1年で拡大傾向にあり、現在は全デバイスのうち32%をコネクテッドテレビ広告が占めています(2022年10月時点)。モバイルに次いで2番目に大きい割合です。

他デバイスより視聴時間が長いコネクテッドテレビ

柴崎(TVer):「TVer」は民放テレビ局が放送した600番組以上のコンテンツを無料で配信するサービスです。2019年にコネクテッドテレビでのVODサービスを開始した当時、コネクテッドテレビを通じたTVerの視聴割合は1.9%でした。それが2022年には30%目前にまで伸長しているほか、15~19歳のティーン層のMUB(月間ユニークブラウザ数)が急増しています。

野村(フジテレビジョン):FODはAVOD(広告付きのVOD)、SVOD(サブスクリプション型のVOD)、TVOD(都度課金型のVOD)、BOOK(雑誌・コミック)を含めたエンタメサービスの集合体です。

 AbemaTVさんやTVerさんと同様、コネクテッドテレビでのFOD視聴時間は大きく伸長しており、全体の4割を占めています。ユニークブラウザ数でいうと、32.7%まで伸びてきている状況です。またコネクテッドテレビでの視聴時間はほかのデバイスよりも10分ほど長いため、広告接触機会も多いと言えます。

佐々(Adjust):最近コネクテッドテレビの話題を耳にする機会が増えたと実感しています。コネクテッドテレビの広告市場はどのような盛り上がりを見せているのでしょうか?

綾瀬(AbemaTV):AJA/SMN/デジタルインファクトの3社が実施した広告市場調査では、この4、5年で市場規模が5倍ぐらいになるという予測もあります。テレビの視聴データを使ったビジネスを展開されているSMNさんの発表によると、同社が扱えるコネクテッドテレビの台数は、直近の2年で2倍まで増加し、1,000万近くになっているそうです。

佐々(Adjust):アメリカのコネクテッドテレビ広告市場を見ると、2021年時点で2兆円弱、2024年には4兆円規模になると言われています(出典:eMarketer, Oct 2021)。

野村(フジテレビジョン):アメリカでは地上波の直接受信世帯が1割前後で、多くの方はケーブルテレビ経由で地上波の番組を見ていました。ところが最近、ケーブルテレビがコネクテッドテレビに置き換わっていて、コネクテッドテレビで地上波放送を視聴できるんです。アメリカでは年間の8割に相当する広告在庫を期の最初に売ってしまうので、地上波セールスの45%が既にコネクテッドテレビに流れこんでしまっているという背景があります。

佐々(Adjust):産業構造が日本とは異なるというわけですね。

マーケター必見!ベンチマークとインサイトを提供するレポート「モバイルアプリトレンド 2022:日本版」

ゲーム、Eコマース、フィンテック、マッチングアプリ、コネクテッドテレビに関する詳細かつ実用的な分析調査の結果を解説しています。レポートはAdjustのWebサイトからダウンロードしてご確認ください。

次のページ
CTV広告経由のアプリインストール率はモバイル広告の4倍

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/19 16:13 https://markezine.jp/article/detail/40236

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング