SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

仕事観が劇的に変わる。長谷川氏に学ぶ「人生のプロマネ術」

長谷川氏に聞く“人生”と“キャリア”の話。P&Gのマネジメント方法を応用した「人生のプロマネ」とは?

 MarkeZine読者がキャリアに求めるものは何だろうか? P&G、楽天、Facebook Japan代表を経て、MOON-Xを創業した長谷川晋氏。自身の成長を貪欲に追い求めてきた長谷川氏のキャリアのベースには、「人生をプロマネ(プロジェクトマネジメント)する」という考え方があったという。世界のトップタレントと直に渡り合ってきた長谷川氏のキャリア観、仕事観、そして人生観についてロングインタビューした模様を、ここから3回にわたってお届けしていく。

自分の人生を「プロジェクトマネジメントする」とは?

MarkeZine編集部(以下、MZ):長谷川さんは新卒で東京海上火災に入社後、P&G、楽天、Facebook Japan代表を経て、2019年にMOON-Xを起業されました。ここまでのキャリアには、自分の人生をプロジェクトマネジメントする「人生のプロマネ」があったと伺っています。今回はその人生のプロマネ術について、長谷川さんのキャリアを振り返りながら聞いていきたいと思います。

長谷川:では、まずは「人生のプロマネ」を始めたきっかけからお話ししましょう。僕が人生のプロマネを実践し始めたのは、P&G入社後の2004年のことでした。

MOON-X株式会社 代表取締役社長 長谷川晋氏
MOON-X株式会社 Co-Founder/CEO 長谷川晋氏

 P&Gでは、ビジネスの成功確率を上げるための“仕組み”や“フレームワーク”があり、これらが精度高く再現されています。中でも僕がP&Gに入って「これはすごいな」と思ったのが、プロジェクトマネジメントのフレームワークです。と言っても、特別すごいポイントがあるわけではありません。「目指すべきゴールを設定」して、そこに向けての「段取りを設計」していく。基本はこの2ステップで、中身は非常にシンプルです。

MZ:なるほど、本当にシンプルですね。

長谷川:要は、「このプロジェクトで何を達成したいのか?」という成功の定義を決めて、その成功に向けて「いつまでにどういうステップを踏めば、それを実現できるか?」というGates&Datesを設定していくんですね。日付とタスクを管理し、ステップを進めていくことで成功確率を上げていきます。プロジェクトマネジメントの手法としては極めて一般的ですが、「ゴールをしっかり設定して、段取りを立てて着実に進めていけば成功確率が上がるんだ!」ということを実践を通して実感しましたし、僕にとってはストンと腹落ちするものでした。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
長谷川さんがたどり着いた、人生のゴール(成功)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
仕事観が劇的に変わる。長谷川氏に学ぶ「人生のプロマネ術」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/18 07:22 https://markezine.jp/article/detail/40351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング