SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

仕事観が劇的に変わる。長谷川氏に学ぶ「人生のプロマネ術」

P&Gから楽天、Facebook Japanへ。起業という中間目標を達成するまでのキャリアを振り返る

  MarkeZine読者がキャリアに求めるものは何だろうか? P&G、楽天、Facebook Japan代表を経て、MOON-Xを創業した長谷川晋氏。自身の成長を貪欲に追い求めてきた長谷川氏のキャリアのベースには、「人生をプロマネ(プロジェクトマネジメント)する」という考え方があった。第1回に続き本稿では、プロマネを軸に長谷川氏が歩んできたキャリアを振り返り、自身にとって大きかった学びを共有してもらった。

マーケティング、ビジネスの喜びを味わえたP&G時代

MarkeZine編集部(以下、MZ):前回の記事では、長谷川さんのキャリアを形作ってきた「人生のプロマネ」という考え方を教えてもらいました。ここからは、人生のプロマネをベースに歩んできたキャリアを振り返り、その中で今に活きている学びを紹介してもらいたいと思います。まずP&Gには10年在籍されたとのことで、色々な経験や知見を蓄積されたと思います。振り返ってみて、大きかった学びは何でしょうか?

長谷川:素敵なブランド、素敵な製品には、世界中の人々とその生活を豊かにするパワーがある。P&G時代にこれを実感できたことが、今の自分のコアの部分につながっています。

MOON-X株式会社 代表取締役社長 長谷川晋氏
MOON-X株式会社 Co-Founder/CEO 長谷川晋氏

 僕がP&Gで担当したのは、紙おむつの「Pampers」、かみそりの「Gillette」、電気カミソリや電動歯ブラシの「Braun」、そしてスキンケアブランドの「SK-Ⅱ」です。シンガポールに赴任し、アジア全域のマーケティングを統括する経験もさせてもらい、語りきれないほどの学びと成長がありましたが、やはり先ほど挙げた学びが大きかったですね。不治の病を治すほどのインパクトはなくとも、“良い製品”は人々の生活を“リアルに”豊かにするのだということを、実感する日々でした。

MZ:それを実感できるのは、マーケターにとっては最高に幸せなことですね。

長谷川:本当にそう思います。P&Gではたくさんのお客様から嬉しい声をいただきました。たとえば、紙おむつは、赤ちゃんのおしっこを吸収するという機能的な価値だけを提供しているわけではありません。「おかげで子供が夜ぐっすり眠れるようになった」「おねしょの処理をする必要がなくなった分、他のことに手をかけられるようになった」など、お母さんやお父さんの心の余裕にもつながってくるんです。マーケティングをやっていて、「自分たちの製品でお客様が幸せになる。これ以上に嬉しいことはない」とつくづく実感しましたし、この経験が現在のMOON-Xの事業の基盤になっています。

P&Gで養われた2つのスキル&考え方

MZ:P&G時代のことについて、もう少し教えてください。ビジネス界、とりわけマーケティング業界では長谷川さんのようにP&G出身の方々が多数活躍されています。これまで在籍された企業と比較して、P&Gには人材が育つ特異な環境があったと思われますか?

長谷川:率直に申し上げると、僕はP&Gのみが突出しているとは思っていません。世間では様々な企業の出身者が活躍されていますし、みなさん本当に優秀だと思います。

 しいて言えば、P&Gにはユニークな点が2つあると思います。

 1つ目は、大規模かつグローバルにビジネスを展開しているので、P&Gでは文化背景や価値観の違いに関係なく、定められたプロセスでビジネスを進めていく力が問われます。僕自身、シンガポールに赴任した時はとても苦労しました。日本なら特に言わずとも通じることが一切通用しません。だからこそ、P&Gに根付いている成熟したビジネス手法には助けられましたし、よくできているなとつくづく感心しました。

 もう1つは、「Consumer is Boss」という考え方です。P&Gでは、「上司がボスではなく、消費者がボスだ」というこの考え方をしっかり教わります。判断に迷うことがあれば、「お客様と向き合って決めよう」というカルチャーがあって、この考え方は真っ当で正しいものだと思います。今、デジタルテクノロジーにより、消費者とブランド、消費者と製品、消費者とモノづくりの距離感がこれまで以上に縮まっています。「Consumer is Boss」がよりやりやすい時代であり、また顧客視点がより強く求められる時代になっている、という変化もP&G出身者の活躍に関係しているかもしれませんね。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
楽天で学んだのは「攻めのビジネス」姿勢

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
仕事観が劇的に変わる。長谷川氏に学ぶ「人生のプロマネ術」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/28 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40352

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング