SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カヤック、eスポーツ大会ツールを提供するPapillonを子会社化 eスポーツ領域の競争力の強化へ

 カヤックは2022年10月31日(月)付でPapillon(パピヨン)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

 カヤックは近年、eスポーツ領域を重点分野のひとつと捉え、積極的なM&Aおよび投資活動を進めていた。一方、Papillonはeスポーツ大会開催ツール「e-players」を提供する企業で、東南アジア市場で成長を続けている。

 カヤックは、Papillonの吸収合併により、両者の保有するeスポーツに関するリソース・知見・ノウハウを融合し、カヤックグループ全体のeスポーツ領域における競争力強化と企業価値向上を図る。具体的には、e-playersをカヤックが提供するeスポーツ大会主催・運用ツール「Tonamel(トナメル)」に統合。Tonamelを世界水準のトーナメントプラットフォームにすることを目指す。

【関連記事】
カヤック、地域マーケティング専門のネイティブ社を子会社化 地方創生事業での新規領域拡大を目指す
LINE、livedoor事業を完全子会社化 ミンカブへ株式譲渡
eスポーツの認知度は71%/30代以下男性の3割が参加・視聴【ロイヤリティ マーケティング調査】
アドビ、FCバイエルンとパートナーシップを締結 パーソナライズされたスポーツ体験をファンへ提供
湖池屋、ファンコミュニティ「湖池屋FAN LABO」立ち上げ ミーティング第1弾はeスポーツがテーマ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/27 15:15 https://markezine.jp/article/detail/40432

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング