SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カヤック、地域マーケティング専門のネイティブ社を子会社化 地方創生事業での新規領域拡大を目指す

 9月28日、カヤックはネイティブ社の全株式を取得し、子会社化したと発表した。

 同社は鎌倉本社の地域企業としての蓄積をもとに成長を目指す「地方創生領域」、メタバースをはじめとする「新規性の高いエンターテイメント領域」、市場開拓を進めている「eスポーツ領域」の3つの領域を成長機会と捉え、M&Aを主体とした投資を進めている。

 その中でも地方創生事業では、2020年に「ちいき資本主義事業部」を設立。同社が鎌倉で地域コミュニティの一員として取り組んできたまちづくりの経験を活かし、移住スカウトサービス「SMOUT」や、コミュニティ通貨サービス「まちのコイン」などの地域活性化プラットフォーム事業を展開している。

 同社は今後、こうした自社の保有する地域活性化プラットフォーム事業に、ネイティブ社の地方移住・関係人口創出メディア「Nativ.media」の運営経験や、広島県​​大崎上島町や同県江田島市における「ふるさと納税運営事業」のプロデュースや運営支援といった地域マーケティングに対する知見・ノウハウを組み合わせることで、移住・関係人口の分野でのリーディングカンパニー化と、地方創生事業における新規領域への拡大を目指す。

 なお、今回の株式取得により、カヤックグループ傘下の事業会社は15社となった。

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
ポニーキャニオンと昭文社が地方創生事業で業務提携、コンテンツ制作やPRノウハウ掛け合わせ協働
フラーとKDDIが資本業務提携 デジタル領域における地方創生の取り組みを加速
クックパッドマート、ANA Cargoと連携し地方の食材を収穫翌日に一都三県へお届け可能に
ブランディングテクノロジーとオークファンが業務提携 中小・地方企業への営業を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 15:45 https://markezine.jp/article/detail/40154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング