SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ、データドリブンな作品制作を試みる出版事業「シーモアコミックス」開始

 電子書籍配信サイト「コミックシーモア」を運営するエヌ・ティ・ティ・ソルマーレは、新たな出版事業としてオリジナルコミック出版事業「シーモアコミックス」を創設した。

 同事業ではNTTグループの保有するデータを活用し、AIや統計学等を用いたデータ分析を通した作品制作を試みる。

 具体的には、下記のようなデータを活用した作品制作を行う。

  •  コミックシーモアの顧客基盤に基づいたビッグデータ
  •  広告出稿等のマーケティング活動を背景としたトレンドデータ
  •  市場調査等に基づいたマーケットデータ、など
「シーモアコミックス」のビジネスモデル(イメージ)
「シーモアコミックス」のビジネスモデル(イメージ)

 さらに同社各部門のデータサイエンティストやクリエイターのスペシャリストが、組織の垣根を超え部門間横断で「シーモアコミックス」のプロジェクトに参画。これまで「コミックシーモア」内で蓄積してきた多くのノウハウを持つ各部門の専門家たちが、ヒット作品を多面的な目線から定性的に分析しヒット要素の共通項やエッセンスを言語化し、作品制作に生かす。

 以上のような定性的な分析と、データを使用した定量的分析を融合させ、同社は新たなヒット作品の創出を目指す。

【関連記事】
東急、東急百貨店、NTT東日本が合同で映像×AIの販売支援に関する実証実験を開始
アタラ、「データ活用トレーニングサービス」「BIツール事前データ環境評価サービス」提供開始
リテールデジタルソリューションズ、ビッグデータ活用し食のトレンド商品を提案するサービスの実証実験開始
日本企業のデータ活用、「十分な成果と評価」したのは約2%【Gartner調査】
「講談社マンガIPサーチ」オープン 1,500超のマンガ作品からビジネス活用の候補を検索

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/28 16:55 https://markezine.jp/article/detail/40445

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング