SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リアル店舗に行くと「ワクワクする」業態、百貨店・家電量販店が上位に【電通デジタル調査】

 電通デジタルは、生活者の店舗およびデジタルサービスの利用実態の把握を目的に「リテールDX調査(2022年版)」を実施した。

 以下、一部内容を紹介する。

リアル店舗で行くと「ワクワクする」のは、百貨店・家電量販店

 まず、コンビニエンスストア・ドラッグストア・スーパーマーケット・百貨店・家電量販店のリテール5業態の中で、実店舗に行くことにワクワクしている人の割合を調査した。すると百貨店と家電量販店が最も高く(33%)、一方でコンビニエンスストアが最も低い(16%)結果だった。

以下のうち、あなたが店舗に行くと「ワクワクする」と感じるものをすべて選んでください(複数回答)
あなたが店舗に行くと「ワクワクする」と感じるものをすべて選んでください(複数回答)

店舗のデジタルサービス、最も利用されているのはオンラインショッピング

 続いて、店舗のデジタルサービスにおける利用経験を尋ねた。1位はオンラインショッピングで、91%が利用経験ありと回答。2位以降はセルフレジ(84%)、セミセルフレジ(68%)、モバイルオーダー(69%)と続いた。一方で利用経験者が最も少なかったのは、メタバース(仮想空間でのお買い物)で5%にとどまった。

デジタルサービスを利用するのは「お得になるから」「便利になるから」

 最後に、デジタルサービスを利用した理由を調べた。どのデジタルサービスにおいても「お得になるから」「便利になるから」という能動的な利用のきっかけが多かった。

前問で「1.現在利用している」「2.過去利用していたが、現在は利用していない」を選択したデジタルサービスについて、利用し始めた理由・きっかけはなんですか(クリックして拡大)

【調査概要】
調査対象:東京都・名古屋市・大阪市在住の15~69才男女
調査時期:2022年6月14日(火)~6月16日(木)

【関連記事】
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
コロナ収束後の来店頻度、外食は7割が「戻る」一方、銀行は8割が「今のまま」と回答【電通デジタル調査】
電通デジタル、コンタクトセンターの業務変革プログラムの提供を開始 CX起点で戦略から運用までを支援
電通と電通デジタル、LINE公式アカウントの友だち分析ツール提供へ 企業のファンマーケティングを支援
電通デジタル、パーパス起点でCX施策を開発するフレームワークの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/31 17:15 https://markezine.jp/article/detail/40454

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング