SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響

メタバースの本質は「放課後」のような居心地の良い場所作り

 昨今注目を集める「メタバース」。インターネット上の仮想空間を指す言葉だが、ゲームとゲーム実況を融合させたユーザー体験である「ライブゲーミング」をフックにいち早くメタバースの領域にチャレンジしているのがミラティブだ。本記事では、同社の代表を務める赤川氏に昨今のメタバースの潮流やメタバースを企業が活用する際のヒントをうかがった。

※本記事は、2022年11月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)83号に掲載したものです。

ユーザーはメタバースにいたいわけではない

──昨今メタバースはバズワードとなっていますが、赤川さんは昨今のメタバースに対する盛り上がりをどのように捉えていますか。

 昨今盛り上がりを見せているメタバースですが、勘違いしてはいけないのが「メタバースだから使いたい」と思っているユーザーはまだほとんどいないということです。

 確かにメタバースはバズワードになっています。ただ、現時点ではFORTNITEやVRチャットなど、バーチャルで居心地の良い体験を提供しユーザーの支持を得ているサービスが、投資家などからメタバースと呼ばれるようになっただけです。そこにMetaをはじめとした大企業も本格参入したことで、2002年にSecondLifeが登場したときのブームとは一線を画すものになりました。

 また、コロナ禍でオンラインミーティングが当たり前になるなど、バーチャル空間で過ごす時間が長くなったことで、現実とバーチャルの境目があいまいになったことも、メタバースブームの背景になっていると思います。

株式会社ミラティブ 代表取締役/CEO 赤川隼一(あかがわ・じゅんいち)氏 ディー・エヌ・エーに入社。広告営業やマーケティングに従事した後、「Yahoo!モバゲー」を立ち上げ。その後執行役員として海外事業の統括やゲーム開発に携わる。2018年2月、エモモ(現・ミラティブ)を創業。
株式会社ミラティブ 代表取締役/CEO 赤川隼一(あかがわ・じゅんいち)氏
ディー・エヌ・エーに入社。広告営業やマーケティングに従事した後、「Yahoo!モバゲー」を立ち上げ。その後執行役員として海外事業の統括やゲーム開発に携わる。2018年2月、エモモ(現・ミラティブ)を創業。

メタバースに必要なのは長時間滞在と経済圏

──メタバースであることよりも、バーチャル空間で長く過ごしたくなる体験を提供することが重要なんですね。

 私はメタバースには「アバターを用いてコミュニケーションできること」「長時間滞在できること」「経済圏があること」が必要だと考えています。ミラティブではライブゲーミングを通じて配信者と視聴者によるコミュニケーションを活性化させ、配信者は視聴者のギフトによって収益化ができるなど、独自の経済圏を構築しています。

──メタバースというと、VRゴーグルなどを付けて仮想空間と一体化するイメージもありましたが、バーチャルで過ごしていれば、デバイスは関係ないんですね。

 メタバース上で時間を過ごすためのデバイスは、日々変わっていきます。長時間滞在する観点においてVRゴーグルなどのデバイスは現時点ではまだ重く、不便です。そのため、VRデバイスはメタバースの必須条件には含まれないと考えています。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
友達と家でゲームをしていた、あのときの居場所を作り出す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/01 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40652

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング