SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響

広告業界ではもはや常識に。テクノロジーの最適活用に不可欠な「テクニカルディレクター」とは

 テクノロジーと一口に言っても、その分野は細分化されており、各分野で日進月歩の進化が続いている。いちマーケターがその最新動向を追うことはもはや不可能に近く、またその必要もないのかもしれない。今確立されつつある、実現可能な形でテクノロジーを取り入れる手立てを策定する「テクニカルディレクター」という職業を、本特集の最後に紹介する。

※本記事は、2022年11月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)83号に掲載したものです。

現代のキーパーソン「テクニカルディレクター」とは?

──はじめに自己紹介からお願いできますか。

 テクニカルディレクターを中心に組成されているBASSDRUM(ベースドラム)でテクニカルディレクターとして活動しています、森岡です。私は大学で工学部を専攻し、目の研究をしていました。博士課程を満期退学し、京都のメーカー企業で研究開発職に従事した後、広告制作会社に転職。そこではプロジェクションマッピングなどデジタルテクノロジーを使ったイベントの企画や、IoTデバイスの開発などを担当していました。BASSDRUMに参画したのは約3年前で、同じタイミングで一般社団法人のテクニカルディレクターズアソシエーション(以下、TDA)を立ち上げ今に至ります。これら本業に加え、大学での講義やアーティスト活動もしています。

ベースドラム株式会社 テクニカルディレクター/一般社団法人テクニカルディレクターズアソシエーション 発起人 森岡東洋志(もりおか・とよし)氏 東京工芸大学博士課程満期退学。工学修士。メーカー勤務を経て、ワントゥーテンデザインにてIoTデバイスの開発やスマートフォンアプリのSDK開発、インスタレーションの開発に携わる。2015年にプロトタイピングに特化したワントゥーテンドライブを設立し、CTOとしてメーカーとの新製品開発やテクノロジーを使ったエンターテインメントの開発を行う。2020年に独立し、BASSDRUMに参画。大阪芸術大学および京都芸術大学にて非常勤講師も務める。
ベースドラム株式会社 テクニカルディレクター/
一般社団法人テクニカルディレクターズアソシエーション 発起人 森岡東洋志(もりおか・とよし)氏

東京工芸大学博士課程満期退学。工学修士。メーカー勤務を経て、ワントゥーテンデザインにてIoTデバイスの開発やスマートフォンアプリのSDK開発、インスタレーションの開発に携わる。2015年にプロトタイピングに特化したワントゥーテンドライブを設立し、CTOとしてメーカーとの新製品開発やテクノロジーを使ったエンターテインメントの開発を行う。2020年に独立し、BASSDRUMに参画。大阪芸術大学および京都芸術大学にて非常勤講師も務める。

──メンバーの8割以上がテクニカルディレクターであるBASSDRUMが設立されたのが2018年です。BASSDRUM設立の経緯に絡めて、「テクニカルディレクター」という職業がどのように出てきたのかを教えてください。

 私も広告制作会社にいたので経験しましたが、一時期、総合広告代理店経由のWeb制作やデバイス開発の相談・依頼がすごく増えたことがありました。これは、総合広告代理店が自身の提供領域を拡大させていく中で、デジタルテクノロジーを使う部分が大きくなっていたことに起因すると認識しています。その中で、たとえば、Webサイトの制作担当者に「アプリも作れる?」という依頼がきたり、「水族館のイベントでプロジェクションマッピングを使いたいんだけど、何か提案できないかな?」という相談がきたりするようになりました。そうして、雑多にいろんな技術を使って“いろんなものを作る”、いろんな技術を“幅広く薄く使う”ような技術者が非常に増えていったんですね。ここまでが大体2015年前後の出来事です。

 そこから、エンジニア的にただ作る・実装するだけではなく、どうやったら作れるか(実現できるか)を企画の段階から考えることの重要性が認識されるようになりました。この部分を制作・実装・開発と切り分けて「テクニカルディレクション」と呼ぶようになり「テクニカルディレクションを専門的にやる人=テクニカルディレクター」が出てくるようになったという流れです。

──「テクニカルディレクター」と認識されていなかっただけで、ずいぶん前から広告やマーケティングに近いところで活躍されていたんですね。

 そうですね。私の場合は、広告・マーケティング領域から入っていきましたが、テクニカルディレクションのカバー範囲は広告制作の領域のみに留まるものではありません。実際に新規事業開発など請け負うプロジェクトの幅は広がっていたので、「テクニカルディレクションの価値をもっと発信していくべきでは」という話になり、BASSDRUMが立ち上がっています。

──テクニカルディレクションは、あらゆる業界に共通する概念なのですね。ちなみに、BASSDRUMでは「テクニカルディレクター」という職業をどのように定義していますか?

 まず「テクニカルディレクション」の定義としては、「技術選定、技術翻訳、仕様設計」といった言葉をよく使います。もう少し平たく言うと、「技術の言葉を技術以外の言葉に翻訳する仕事」がテクニカルディレクションで、これを専門的に行う職業がテクニカルディレクターです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
テクニカルディレクションの認知拡大・地位向上に向けて

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/05 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40657

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング