SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響

たとえば、こんなこともできるはず! 現時点で考えられるマーケティング×NFTの選択肢

 博報堂のミライの事業室は、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」と共に、企業のWeb3領域への参入を支援。技術ドリブンで語られてきたWeb3界隈の話を、生活者視点で顧客体験に落とし込むべく注力している。企業においても生活者においても、まだまだWeb3、NFTの領域には距離があるのが現状だが、現時点でNFTをマーケティングに絡めるとなると、どのような選択肢があるのか。具体的な手段とそのイメージを聞いてきた。

※本記事は、2022年11月25日刊行の『MarkeZine』(雑誌)83号に掲載したものです。

新技術を生活や顧客体験に落とし込んでいく

──はじめに、佐野さんの所属するミライの事業室について、どのような組織なのか教えてください。

 ミライの事業室は、博報堂の中で新規事業の開発を担っている部門です。新規事業開発には大きく2種類あり、博報堂の自社の新規事業を創出するというものと、外部のパートナー企業と一緒に新規事業を共創するという取り組みがあります。私が担当しているのは後者のほうで、昨年の8月に始動したプログラム「Hakuhodo JV Studio」を運営し、パートナー企業と共に新規事業共創に取り組んでいます。

株式会社博報堂 ミライの事業室 チーフプロデューサー 佐野 拓海(さの・たくみ)氏 慶應義塾大学卒業後、博報堂の社内ベンチャー「SEEDATA」に参画。生活者リサーチ、新規事業開発、新商品開発、ブランディング、サービスデザインなどの業務に従事。働きながら慶應義塾大学システムデザインマネジメント研究科にて、新ブランド開発手法の研究を行い、修士号を取得。現在は博報堂のミライの事業室にチーフプロデューサーとして移籍。著書に『DNVB生活者の義憤から生まれるブランド』(SDG)がある。
株式会社博報堂 ミライの事業室 チーフプロデューサー 佐野 拓海(さの・たくみ)氏
慶應義塾大学卒業後、博報堂の社内ベンチャー「SEEDATA」に参画。生活者リサーチ、新規事業開発、新商品開発、ブランディング、サービスデザインなどの業務に従事。働きながら慶應義塾大学システムデザインマネジメント研究科にて、新ブランド開発手法の研究を行い、修士号を取得。現在は博報堂のミライの事業室にチーフプロデューサーとして移籍。著書に『DNVB生活者の義憤から生まれるブランド』(SDG)がある。

──博報堂は、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(※1)」を開発するStake Technologiesの渡辺氏と共に、企業のWeb3市場参入を支援する新会社を設立すると発表しました。博報堂内でこれを主導しているのがミライの事業室です。新規事業創出を手掛ける上で、ミライの事業室はWeb3などのテクノロジーが及ぼす影響をどのように見ていますか?

 Web3の領域は世界中の企業が注目している成長分野の一つであり、ミライの事業室でも重点領域としています。Web3が国家の成長戦略の柱として取り上げられたこともあり、日本でも多くの企業が注目し始めていますが、現状、「Web3が自社のビジネスにどう影響するか?」というところまではみなさんイメージできていないのではないかと思います。実際に、Web3に関してはエンジニア界隈で盛り上がっている印象が強く、Web3の技術が実生活を変えたというような事例はまだそんなに多くありません。技術が生活や体験に落ちてくるという次のフェーズがまさに今進行しつつあると思っています。

 その際、重要になるのが博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」です。とりわけ、企業のWeb3領域への進出となると、生活者視点に企業のビジネス課題や市場ニーズなども掛け合わせて考える必要があります。Astar Networkとの協業においては、彼らにWeb3の最先端の情報や技術を共有してもらいながら、生活者視点でのアイデア・発想を企画に落とし込む部分をミライの事業室が担う形で動いています。

※1 Astar Network:CryptoGamesが開発する⽇本発のパブリックブロックチェーン。日本の大手企業やIPコンテンツと連携しやすい環境にある。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
現時点の最適な選択肢は「外部アプリとのコラボ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40656

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング