SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

WGSNが予知する1年後

【前編】もっともっと“都合のいい”世界へ。業界の住人として知っておきたい、トークンが変える未来

 世の中の変化の兆しを捉え、消費に関する未来予測を立てている英国発のWGSNをご存じでしょうか。数年前のWGSNのレポートを見ると、現在進行形で現実となっている現象が多数あり、非常に興味深い提示がされています。昨年に続き今年も、日本代理店を務める伊藤忠ファッションシステムにWGSNのレポートを踏まえた寄稿をいただきました。「Web3.0テクノロジー」にフォーカスを当て、トークンが変えていく未来の世界について、前後編でじっくり考えていきます。

もうひとつの“リアル”を真剣に考える時

 2022年の秋、中央大学教授の岡嶋裕史さんにお目にかかりました。岡嶋教授は、『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』(光文社)を上梓され、ご自身をその住人とも称されています。メタバースを深く理解されている、まさに日本における第一人者です。

 岡嶋教授によると、ヘッドセットなどを装着して完全に没入するようなメタバースが日常化する、いわゆる“ティッピングポイント”はもう少し先なのですが、オンライン会議をイメージすればすぐわかるように、デジタル空間は既に日常的に存在しています。また、ガートナーは、2026年には世界人口のうち25%が1日1時間以上をメタバースで過ごすようになると予測しています。Web3.0時代へと進む今、私たちはこれまでよりも一歩踏み込んでデジタル空間上での生活=時間を考えるタイミングに来ていると感じます。

 社会生活全般がメタバース上で繰り広げられるとは考えにくいものの、ゲームなどのエンターテインメントを通じて既にメタバースに親しんでいる方も多いことでしょう。消費者として楽しむ傍ら、マーケティング業界にいる皆さんはこの動きがもたらす影響やメリット、事例などにもご関心が高いのではと思います。

 そこで今回、WGSNという英国の未来予測企業が取りまとめたエンターテインメント業界におけるWeb3.0時代のアプローチ、NFTの活用事例を前後編でたっぷりご紹介したいと思っています。そこはまさに「トークンが物を言う」とも言うべき世界かもしれません。そもそも、なぜそのような世界観が求められるようになっているのか、についても探っていきたいと考えています。よろしくお付き合いください。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
Web3.0との関連性の高い社会の動き

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
WGSNが予知する1年後連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浅沼 小優(アサヌマ コユウ)

伊藤忠ファッションシステム株式会社 ifs未来研究所 上席研究員 大手住宅メーカー、米国でのインテリアディスプレイデザイナー、バイヤー業務を経て、帰国後LVMHグループ、ロエベ他にてマーケティング、マーチャンダイジングを担当。デザイン予測を提供する英国WGSN日本統括を経て、2019年より現職。W...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/13 15:01 https://markezine.jp/article/detail/40717

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング