SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sansan Data HubとMicrosoft Dynamics 365、データが連携可能に

 Sansanは、営業DXサービス「Sansan」の「Sansan Data Hub」機能がMicrosoft Dynamics 365の主要製品(以下、Dynamics 365)と双方向API連携を実装することを発表した。

同連携概要
同連携概要

 同連携により、ユーザー企業はDynamics 365を利用して、営業・マーケティング活動で蓄積した顧客データを包括的に管理・可視化ができるようになる。具体的には、Dynamics 365上で顧客データの名寄せが可能になる他、Sansan Data Hubが外部情報ソースと連携し、情報をDynamics 365上の顧客マスタに新規で付与、または最新情報に更新する。

 これにより、高品質な顧客マスタを構築するとともに、営業・マーケティング活動に必要な各種情報のリッチ化を可能にする。

 Sansan Data Hubは、複数のシステムに分散した顧客データの統合とリッチ化を可能にする機能。2022年9月よりAPIを公開しており、今後も連携先を拡大することで、顧客データ基盤構築を支援していく。

【関連記事】
SansanのEight Teamと配配メールが連携 名刺データリストをメール配信先として活用可能に
Pinterest、広告計測のためのソリューションとして「コンバージョンAPI」の提供を開始
DMT、EC用ダッシュボードに楽天市場APIを連携 Amazonのデータとの統合管理が可能に
Shopifyアプリ「定期購買」、API連携機能をリリース
Sprocket、MAツール「Cheetah Messaging」と連携 顧客体験をロイヤル体験へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/20 10:30 https://markezine.jp/article/detail/40880

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング