SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サブウェイ、公式Twitterのフォロワー数が4年で約5倍に成長 広告に依存せずファンを醸成

 日宣は、サンドイッチチェーン「サブウェイ」の公式Twitterアカウントのフォロワー数が100万人を突破したことを発表した。同社は、責任広告代理店として2018年秋から同アカウントの運用管理を開始。外部パートナーやベンダーによって組成した「チームサブウェイ」を運営し、多角的なマーケティング施策を推進し、アカウントのフォロワー数は約4年でおよそ5倍の100万人、月間インプレッション数は約14倍の4,000万となった(2022年11月時点)。

Twitterフォロワー数推移
Twitterフォロワー数推移

 サブウェイは、ペイドメディア(広告)に依存せず、SNSを使用したファン形成により情報到達、来店促進、ロイヤリティ形成までを行うマーケティングモデルを構築。

 恒常的かつ高効率にSNSが機能している状態をつくりあげるために、アカウントのコンセプトを「話せる公式」とし、大学生数十名によるインターンが運営を担い、フォロワー個人に公式から話しかけていく活動や、投稿の企画、分析と改善などを行い、ファンが思わず会話したくなるアカウントの作成を目指している。

【関連記事】
横浜市公式Instagram、開設から7年でフォロワー10万人突破   27%が海外在住フォロワー
購入前、検索エンジンでの情報収集が1位に/約9割が通販の購入検討時UGCを確認【Letro調査】
ecbeing、新会社ReviCoを設立 レビューやVOC・UGCを活用したマーケティング支援に注力
ホットリンク、「TikTok UGC創出パッケージ」を提供開始 話題化する企画と広告で後押し
在日中国人コミュニティ「BoJapan」、3,500人超のUGCクリエイターネットワークに成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/22 08:30 https://markezine.jp/article/detail/40894

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング