SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サムライト、舞台やミュージカルなどの推し活・推し消費について研究・発信する「推しラボ」を設立

 サムライトは、2.5次元舞台・ミュージカルのファンを中心に、推し活や推し消費について研究・発信していくマーケティング研究機関「推しラボ」を設立した。

 同社は、企業のコンテンツマーケティングやメディアビジネスなどを支援しているほか、自社でもメディアを運営している。今回設立した研究機関では、2.5次元舞台・ミュージカルに特化したWebメディア「2.5ジゲン!!」や、舞台俳優とファンが集まるコミュニティサービス「OSIRU(オシル)」で調査や研究を実施。その結果を発信することで企業のマーケティング活動に貢献する。

 具体的には、ファンの心理や消費行動、推し活の実態、推しマーケティング関連の調査・研究を行い、結果をまとめたレポートを発表。そのほか、広告主・広告会社向けのセミナーイベントの開催や、企業と推しのコラボ企画立案などを予定している。

【関連記事】
サムライトがGA4移行支援サービスを開始 KPIの設計から実装、仕様書作成まで一気通貫で支援
プロフィール作成ツール「lit.link」登録者数150万人突破! 6割がZ世代、推し活目的の利用も
10代推し活女子の4割が広告に抵抗なし【アップデイト調査】
約5人に1人が「推し活」中/活動内容は公式SNSのチェックや映像鑑賞など【パナソニック調査】
ロート製薬が「ロートバーチャルラボ」を設立 公式VTuberを通じた商品紹介などの実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/23 07:30 https://markezine.jp/article/detail/41060

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング