SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第89号(2023年5月号)
特集「テレビ×マーケティング2023」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジェイアール東日本企画、「推し活・応援広告」について調査/推しがいる人の4割以上が「布教」意向あり

 ジェイアール東日本企画の「jeki応援広告事務局(Cheering AD/チアリングアド)」は、「推し活・応援広告調査2022」の結果を公開した。応援広告とは、ファンが広告主となって推しているアーティスト・スポーツ選手などを応援するために出す広告だ。

「推し」がいる人の40%以上が推しを広めたい意向

 まず、「推し(好きで応援している人やもの)」の有無を調査した。すると全体の57.4%が「推しがいる」と回答。性年代別では、男女ともに10~20代で推しがいる人が多い傾向が見られた。

クリックして拡大

 また推しがいると回答した人に、推しを様々な人に知ってほしいかどうか尋ねた。その結果「あてはまる」が15.0%、「ややあてはまる」が27.7%となり、合計42.7%が推しを広めたいと考える「推し布教意向者」であることがわかった。

クリックして拡大

「推し布教意向者」の過半数が応援広告を認知

 次に、応援広告の認知率を調べた。全体では26.2%の認知率に対し、推し布教意向者はおよそ倍の52.9%が応援広告を認知していた。

クリックして拡大

 さらに応援広告の実施経験の有無について調査すると、推し布教意向者の11.5%が経験があると回答。また42.1%は応援広告の実施意向があると答えた。

クリックして拡大

応援広告の実施者は推し布教意向の傾向に

 続いて、応援広告の実施経験がある人に理由を尋ねた。「自分の推しを多くの人に知ってほしい(39.5%)」が最も多く、2位は「自分が描いた/企画したイラスト・デザインを皆に見てもらいたい(36.7%)」、3位は「所属事務所が応援広告を許諾していた(35.7%)」となった。

クリックして拡大

応援広告費の平均は年間60,700円

 最後に、応援広告の年間費用を調べた。その結果、実施者は平均して60,700円/年の広告費用をかけていた。

クリックして拡大

 さらに、応援広告実施後の推しへの出費が増えたと回答した人は73.6%で、ほとんどの人が出稿後に「推し活」への出費が活性化したこともわかった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査手法:インターネットアンケート調査
調査期間:2022年12月16日(金)~2023年1月5日(木)
調査対象者:1都3県における15~49歳の男女
サンプル数:17,226

【関連記事】
ジェイアール東日本企画、海外企業との連携で国内外OOH広告へのシームレスな出稿を支援
ジェイアール東日本企画、リアルタイムに交通・屋外広告の価値を可視化するソリューションを開発
ジェイアール東日本企画、山手線利用ログを活用したインターネット調査商品を開発、テスト販売へ
モニタスとジェイアール東日本企画、移動データを軸としたメディア・データ活用ビジネスの推進へ
ジェイアール東日本企画とスマートニュース、共同商品を試験販売 交通広告を起点にサンプリングを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/27 17:45 https://markezine.jp/article/detail/41692

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング