SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホで撮った動画、20代の6割がネット投稿/4割が縦画面で撮影【ロイヤリティ マーケティング調査】

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングは、「スマートフォンでの動画撮影に関する調査」の結果を公開した。

動画撮影の対象、1位は家族に 20代は「食べ物」が多い傾向

 まず、スマートフォン利用者に「スマートフォンで動画を撮影する対象」について聴取した。すると全体で「家族、子ども(32%)」がトップとなった。

 20代は「食べ物」を動画で撮影する人の割合が他の年代よりも高く、21%だった。また年代が上がるにつれて「写真は撮るが、動画は撮影しない」と答えた人が多くなった。

スマートフォンで動画撮影する対象(上位3つまで選択式・表では上位6位まで表示、クリックして拡大)

40%以上の若年層が縦画面で動画撮影

 次にスマートフォンで動画撮影をすると回答した人を対象に、撮影時のスマートフォンの向きについて尋ねた。その結果、全体で「状況に応じて縦横を使い分ける(38%)」が1位に、「縦画面で撮影することが多い(36%)」が2位となった。特に「縦画面で撮影することが多い」と答えた人は20代・30代が40%以上となり、他の年代よりも高い結果となった。

スマートフォンでの動画撮影時の画面の向き(クリックして拡大)

20代の60%は撮影した動画をネット上に投稿

 続いて、撮影した動画をネット上に投稿したサービスについて調査。20代は41%が「Instagram」に投稿したと回答し、他の世代と大きな差が出た。また「Facebook」は50代(10%)が最も多かった。

 なお「ネット上に投稿したことはない」は、全体で64%だったが、20代では40%にとどまった。

撮影した動画をネット上に投稿したことがあるサービス(上位5位まで、クリックして拡大)

ネット上に投稿する際、4割が「顔は必ず隠す」

 最後に「動画をネット上に投稿する」と回答した人を対象に、自身や家族・友人・知人の顔を隠すか質問した。すると「顔は必ず隠す(39%)」が最多となり、「公開範囲を限定している場合は顔を隠さない(35%)」が続いた。

動画投稿時に自身や家族・友人・知人の顔を隠すか(クリックして拡大)

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年3月6日(月)~3月7日(火)
調査対象:国内在住20~60代の男女の「Pontaリサーチ」会員
有効回答数:1,000名(性年代別に各100サンプル回収)

【関連記事】
消費者の35%がSDGsを意識し行動/8割が取り組む企業に好印象【ロイヤリティ マーケティング調査】
Pontaを運営するロイヤリティ マーケティング、阪急百貨店を手掛けるH2Oとデータ分野で協業
ロイヤリティ マーケティングとand factoryが提携 Pontaが使える電子マンガ書店の構築へ
ロイヤリティ マーケティングらがECサイト「買っトク!Ponta」を開設 余剰在庫を販売しロス軽減へ
eスポーツの認知度は71%/30代以下男性の3割が参加・視聴【ロイヤリティ マーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/17 15:15 https://markezine.jp/article/detail/41988

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング